現代重工業、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを展開

PR TIMES / 2014年4月25日 15時52分

現代重工業、海洋構造物の設計とエンジニアリングに船舶・オフショア開発向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを採用

3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、韓国・現代重工業(HHI)の Offshore & Engineering 部門がダッソー・システムズの 3Dエクスペリエンス・プラットフォームと、同社の船舶・オフショア開発に適したインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを展開することを決定したと発表しました。



HHI 社は、非常に競争の激しい環境において、差別化とイノベーションによってテクノロジー リーダーとしての立場を堅持することを確固とした方針としています。HHI 社は、大規模で複雑さに富む海洋開発プロジェクトに対処するには、設計、エンジニアリング、プロジェクト管理のための統合コラボレーティブ・ソリューションが必要であるとの認識から、ダッソー・システムズの 3Dエクスペリエンス・プラットフォームの採用に舵を切りました。ダッソー・システムズの 3Dエクスペリエンス戦略とそのテクノロジーの導入により、単に「より良い」品質とパフォーマンスを持つ海洋施設ではなく、業界で「最高レベル」の品質とパフォーマンスを備えた海洋施設の建造が可能になります。

HHI 社は最適なパートナーとテクノロジーを選定するため、すべての主要なインダストリー ベンダーを徹底的に評価し、最終的に膨大な数の部品を含む大規模で複雑なモデルを管理できるソリューションの必要性を確信しました。包括的なベンダー再評価の結果、HHI 社の Offshore & Engineering 部門が実施した会見の場で、ダッソー・システムズと 3Dエクスペリエンスの採用が発表されました。同会見には80 人あまりが出席しました。

ダッソー・システムズのインダストリー、コーポレート・ストラテジー&マーケティング担当、エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるモニカ・メンギニは次のように述べています。「現代重工業には、設計、複雑な各種プロジェクトの管理、期日通りの引き渡しと確実なコスト管理に向けて、当社の包括的な統合インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスをご活用いただけるものと思います。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング