【プライベートブランド商品に関するアンケート調査】PB商品のイメージは「割安」が8割弱でトップ、「品質がよい」「シンプル」が2割弱で続く。よく買うカテゴリーは「お菓子・デザート」「パン」が上位2位

PR TIMES / 2013年11月26日 14時45分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『プライベートブランド商品』に関してインターネット調査を実施し、2013年11月1日~5日に11,807件の回答を集めました。第4回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18412/
──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■PB商品の購入頻度、週1回以上が3割強。PB商品をよく買うカテゴリーは「お菓子、チルドデザート」「パン類」が上位2位
■PB商品のイメージは「価格が割安である」が8割弱でトップ、「品質が良い」「シンプル」「種類が豊富」「消費者視点で開発されている」「信頼できる」などのプラスイメージが各1~2割で続く。マイナスイメージの中では「安っぽい」が1割程度
───────────────────────────────────────────



◆知っているPB商品
 プライベートブランド商品(PB商品)とは、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどが独自のブランドで企画・販売している商品です。その銘柄の認知は、「トップバリュ」(87.4%)が最も多く、「セブンプレミアム」(63.5%)、「コープ商品」(43.4%)が続きます。いずれの銘柄も認知率は女性の方が高くなっています。


◆PB商品の購入頻度、直近1年間に購入した銘柄
 PB商品を週1回以上購入した人は34.7%で、頻度は女性が高い傾向です。直近1年間に購入したPB商品は、「トップバリュ」(69.1%)、「セブンプレミアム」(38.3%)が上位2位で、「ローソンセレクト」「コープ商品」「CGC」が各2割弱で続きます。「コープ商品」は女性が男性を約14ポイント上回り、「ローソンセレクト」「ファミリーマートコレクション」は若年層で多くなっています。「セブンプレミアム」は東北・関東、「コープ商品」は北海道・東北、「CGC」は北海道・東北・北陸、「くらしモア」は近畿・中国、「StyleOne/PrimeOne」は中部で比率が高くなっています。


◆直近1年間に最もよく購入したPB商品、その満足度
 直近1年間に最もよく購入したPB商品は「トップバリュ」が42.4%、「セブンプレミアム」が15.2%、「コープ商品」が6.4%となっています。最頻購入PB商品について『満足』の比率をみると、「みなさまのお墨付き」「コープ商品」「セブンプレミアム」最頻購入者で高くなっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング