六本木に"農場"と"巨大蜘蛛”の藁アート、47体の"かかし"が出現!収穫祭イベント「東京ハーヴェスト」11/8(土)、9(日)六本木で開催

PR TIMES / 2014年10月30日 14時32分

小泉復興大臣政務官、くまモン、著名シェフらが来場!

オイシックス株式会社が参画する「東京ハーヴェスト実行委員会」は、各地から集まった秋の収穫物を共に楽しんでいただき、日本の食文化を支える生産者さんへの感謝の気持ちを再発見する収穫祭イベント「東京ハーヴェスト」を、本年11月8日(土)、9日(日)の2日間、六本木ヒルズアリーナにて開催します。今年で2回目の開催となり、昨年は約3万人が参加しました。
イベントでは、厳選食材を集めたマルシェ、ここでしか味わえないメニューを楽しめるキッチンカーなどが展開されます。さらに、音楽で収穫を祝うライブパフォーマンスも実施します。そして、当日のイベント会場には、収穫体験のできる“農場”や47体の“かかし”、”蜘蛛(クモ)”をモチーフにした巨大な藁(わら)アートが出現します。
ゲストには小泉進次郎復興大臣政務官やくまモンが登壇し、イベントを盛り上げます。



オイシックス株式会社(東京都品川区、代表・高島宏平)が参画する「東京ハーヴェスト実行委員会」は、各地から集まった 秋の収穫物を共に楽しんでいただき、日本の食文化を支える生産者さんへの感謝の気持ちを再発見する収穫祭イベント「東京ハーヴェスト」を、本年11月8日(土)、9日(日)の2日間、六本木ヒルズアリーナにて開催します。今年で2回目の開催となり、昨年は約3万人が参加しました。
(「東京ハーヴェスト」公式サイト:http://www.tokyoharvest.com/

イベントでは、厳選食材を集めたマルシェ、ここでしか味わえないメニューを楽しめるキッチンカーなどが展開されます。さらに、音楽で収穫を祝うライブパフォーマンスも実施します。そして、当日のイベント会場には、収穫体験のできる“農場”や47体の“かかし”、”蜘蛛(クモ)”をモチーフにした巨大な藁(わら)アートが出現します。
また、六本木ヒルズの飲食店と東京ハーヴェストが期間限定でコラボレーションをし、スペシャルメニューを販売します。

■ 畑を守るオブジェ・レンコン、しいたけの収穫体験ができる農場が出現

蜘蛛は田んぼの害虫を食べてくれる「稲の守り神」と呼ばれ、かかしは鳥などの害獣を追い払う役割があります。田や畑を守るモチーフとして、かかしや蜘蛛のオブジェが東京ハーヴェストに出現します。農場ではレンコンなどの収穫体験ができます。


■ マルシェやキッチンカーで秋の味覚を楽しみ、生産者へありがとうを。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング