脳卒中特化型デイサービス「ルネサンス リハビリセンター鎌倉」開設のお知らせ

PR TIMES / 2018年8月1日 13時1分

株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区、代表取締役社長執行役員:吉田 正昭、以下「当社」)は、この度、脳卒中発症後の麻痺の改善に特化したリハビリサービスを提供する通所介護施設「ルネサンス リハビリセンター鎌倉」を開設いたします。



1.「ルネサンス リハビリセンター鎌倉」の概要
当社は、後期高齢者を中心とした介護認定者を対象に、リハビリに特化した通所介護施設「元氣ジム」を展開しております。
この度、脳卒中発症後の麻痺の改善に必要な反復療法を可能とする、各種器材を活用したリハビリサービスを提供する通所介護施設「ルネサンス リハビリセンター鎌倉」(神奈川県鎌倉市)を8月に開設することとなりました。脳卒中発症後においても、社会復帰を目指される現役世代の皆様のニーズにもお応えできる、半身麻痺等の改善に有効なリハビリサービスを提供してまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/27019/47/resize/d27019-47-700675-0.jpg ]

2.「ルネサンス リハビリセンター鎌倉」の主な特徴
常駐の理学療法士が、麻痺の症状に合わせて「促通反復療法」、「上肢リハビリ装置」、「歩行再建プログラム」などのメソッドを用いて、麻痺の改善や二次的に生じる機能障害の予防を図ります。

「促通反復療法」
川平促通反復療法を用いた、肩・腕・手指に対する片麻痺回復のためのリハビリテーション。
麻痺した手や足を操作(促通治療)することで意図した運動(随意運動)を実現し、反復することで、それに必要な大脳から脊髄までの神経回路を再建・強化することを目的としています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/27019/47/resize/d27019-47-868110-1.jpg ]

「上肢リハビリ装置」
脳血管疾患、整形疾患などによる上肢運動機能障害を持つ方を対象に、電気・振動刺激を併用しながら上肢(肩、肘)の自動運動をサポートする装置を使って、上肢の自動運動をサポートし、反復訓練を行います。
[画像3: https://prtimes.jp/i/27019/47/resize/d27019-47-942168-2.jpg ]

「歩行再建プログラム」
ご利用者の方の身体状況に合わせて体幹・膝・足に装具を装着し、トレッドミルなどのマシンを用いて、歩行訓練を実施いたします。装具を装着することで、理想に近い感覚を入力し、歩行機能の改善を図るプログラムです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/27019/47/resize/d27019-47-850003-3.jpg ]

ルネサンス 元氣ジム  https://kaigo.s-re.jp/

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング