六本木ヒルズアリーナに世界のトップジバーが集結 会場史上最大級の3,000人を動員したストリートスノーボードイベント 11/17 BURTON RAIL DAYS presented by MINI

PR TIMES / 2012年9月28日 19時7分



今年も、六本木ヒルズアリーナに世界のトップジバーが集結
会場史上最大級の3,000人を動員した、日本最大のストリートスノーボードイベント
BURTON RAIL DAYS presented by MINI

2012年11月17日(土) 六本木ヒルズアリーナにて開催決定

バートンスノーボード(BURTON SNOWBOARDS 本社:アメリカ・バーモント州バーリントン)は、2012年11月17日(土)、六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)にて、世界各国のトップジバーが集結する日本最大のストリートスノーボードコンテストBURTON RAIL DAYS presented by MINI を開催いたします。

■世界のスノーボードシーンで注目される「ジバー」とは?

雪山だけでなく、街中にある階段や手すり、壁を使ったライディングは、スノーボードシーンにおいて非常に注目されています。こうした雪以外の造作物を使ったトリックやライディングは「ジブ」と呼ばれ、ジブを得意とするスノーボーダーは「ジバー」と呼ばれています。ジバーの活動場所はゲレンデのパークからストリートへと広がり、雪が降った街中の手すりやテーブル、フェンスや壁などを使って行われる撮影は、あまり人の目に触れないところで目立たないように行われています。世界各地のストリートで撮影されたジバー達の映像や写真は、スノーボードメディアを中心に世界中のスノーボーダーを熱狂させています。

■世界でも数少ないストリートスノーボードコンテストを都会の真ん中で開催

スノーボード発祥の国アメリカを始めとする海外では、ストリートで撮影したスノーボード映像や写真が高く評価され、活動しているプロスノーボーダーが数多く存在します。しかし、彼らのパフォーマンスは、オリンピックのようなイベントでは決して見ることが出来ません。転倒すれば大怪我に繋がるリスクを負いながら、記憶に残る映像や写真を残して活動しているプロスノーボーダー。BURTON RAIL DAYS presented by MINIは、彼らのようなトップレベルのジバーを集結させた、世界でも数少ないストリートスノーボードコンテストです。当日、六本木ヒルズアリーナには、この日のためだけに造られた高さ約9m、幅10.5mの巨大造作物が登場します。第1回目となった昨年のコンテストでは、会場史上最大級となる3,000人の観客を動員。2回目の開催となる11月17日は、最先端のスノーボードシーンを間近で見ることが出来る貴重な1日となるでしょう。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング