LPI-Japan、Oracleプロフェッシナルサービスプロバイダー株式会社コーソルのLPI-Japanビジネスパートナー制度加入を発表

PR TIMES / 2013年5月9日 15時11分

OSS/Linux技術者認定機関として「LPIC」および「OSS-DB技術者認定制度」を
実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都
港区、理事長 成井 弦、www.lpi.or.jp)は、株式会社コーソル(以下:コーソ
ル社、東京都千代田区、代表取締役 金山 俊明、http://www.cosol.jp/)の、
「LPI-Japanビジネスパートナー制度(※1)」加入を発表しました。

コーソル社は、2004年の設立以来、データベース(DB)技術を軸とした事業を
展開しており、DBコンサルティングから設計、導入・構築、運用管理、保守・
サポートまでを提供するDBのプロフェッショナル集団です。同社はエンジニア
の技術力及びサービス力の維持・向上のため、人材教育にも大変熱心に取り組
んでいます。特にOracle DBに関しては、ほぼ全員のエンジニアがORACLE MASTER
を取得しています。

今回のLPI-Japanビジネスパートナー制度参加の背景には、昨今のオープンソー
スの急激な普及やユーザ利用による案件増加に伴うオープンソースDB、中でも
PostgreSQLエンジニアの需要の高まりがあります。
既に同社では、社内のエンジニア育成においてオープンソースDBやLinuxの教育
に取り組み、OSS-DB技術者認定試験やLPICの取得を積極的に推奨しています。
そして、これまで培ってきた人材・技術に加えオープンソースソフトウェアの
領域においても高いスキルを持つエンジニアを育成し事業の強化を目指します。

LPI-Japanは、今後同社との協業にてOSS-DBの教育やセミナーなどの活動を実施
しOSS/Linuxの品質向上や活用の普及に貢献いたします。また、そうした両社
協業による様々な活動は企業におけるOSS/Linuxの更なる活用の一助となるもの
と考えます。

【コメント】
株式会社コーソル
代表取締役 金山 俊明
当社は、 “CO-Solutions=共に解決する”の理念のもと、データベース(DB)
技術を軸とした事業を展開しています。「慢性的なDBエンジニア不足」という
多くのお客様の課題を“共に解決(CO-Solutions)”すべく、DBに関する
「心あるサービス」の提供とDBエンジニアの育成を目的に、2004年に設立いた
しました。以来、Oracle DBを中心とした技術支援を行ってまいりましたが、
近年ではオープンソースのDBに関するご依頼が増えております。
この度のLPI-Japan様との協業を通じて、Linux及びOSS-DB分野の社員教育を強
化し、更なるサービス品質向上と顧客満足追求に努めて参ります。また、シス
テムの中核的な存在であるDB技術を専門とした「DBプロフェッショナルサービ
スプロバイダー」としての使命感と責任感を持ち、微力ながら、オープンソー
スDBに対する安心感の向上に貢献してまいる所存でございます。さらに、今後
LPI-Japan様の「OSS-DBアカデミック認定校」となり、更に多くのDBエンジニア
の育成に貢献していきたいと考えております。


【報道関係お問い合わせ】
特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
担当:真壁  TEL:03-3568-4482 FAX:03-3568-4483
E-mail:press@lpi.or.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング