マランツ 8005シリーズ プリメインアンプ、スーパーオーディオCDプレーヤー発売

PR TIMES / 2013年12月26日 13時59分

CDもレコードも、そしてハイレゾ音源も、 あらゆるソースをマランツクオリティで。

(株)ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドのプリメインアンプ「PM8005」、USB-DAC/スーパーオーディオCDプレーヤー「SA8005」を2014年1月上旬より発売いたします。



PM8005は、マランツオリジナルの高速アンプモジュール「HDAM(R)」およびフルディスクリート電流帰還型増幅回路の改良によって定評ある空間表現力にさらに磨きをかけました。加えて、電源回路の最適化、増幅素子の刷新により80パーセントにおよぶ瞬時電流供給能力の向上を実現。クラスを超えたスピーカードライブ能力がプレミアムシリーズに匹敵する雄大なスケール感の表現を可能にしました。

マランツ初のUSB-DAC搭載スーパーオーディオCDプレーヤーとして大きな反響を呼んだ「SA8004」の発売から3年、本格的なハイレゾ時代のデジタルオーディオプレーヤーとして生まれ変わったSA8005は、その機能性のみならず、オーディオパフォーマンスの飛躍的な向上も実現。DSDファイル(2.8MHz/5.6MHz)のネイティブ再生や192kHz/24bitのPCMファイルの再生に加え、アシンクロナスモードにも対応。さらには、上級機ゆずりの「デジタル・アイソレーション・システム」を搭載。USB接続されたPCからのノイズだけではなく、SA8005自身のデジタル回路から発生する高周波ノイズの音質への悪影響をも抑制。透明感が高く、安定したサウンドを実現しました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング