1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

小規模事業者向け「新世代タクシー支援システム」新モデル発売

PR TIMES / 2021年7月13日 13時15分

タブレット端末から配車が出来る「どこでも配車機能」搭載

株式会社デンソーテン(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:加藤 之啓)は、小規模のタクシー事業者向けに新世代タクシー支援システムの新モデル「Type-C」を2021年夏から発売します。タブレット端末に機能を集約し、クラウド型webサービスを活用した新モデルで、タブレット端末があればどこからでも配車指示が行える「どこでも配車機能」※1を新たに搭載しました。簡単・リーズナブルかつ、フレキシブルな業務運用にもつながる当システムで、より多くの事業者様のビジネスに貢献してまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4601/48/resize/d4601-48-b71f5c2e2dd465bed8b7-0.jpg ]


【背景】
MaaSという大きな潮流の中で、タクシー業界は、スマートフォン配車アプリやネット決済、事前確定運賃など様々な新サービスへの対応が進む一方で、経営の効率化も求められています。当システムは、タブレット端末と汎用PCで利用できるクラウド型webサービスを活用することで、従来のような専用機器を用いたシステムを構築する必要がないため、システム導入時のコスト削減につながります。また、市場のニーズに応えるため、タブレット端末の活用法を追求し新機能を追加しました。

タブレット端末から配車が出来る「どこでも配車機能」
お客様からの注文電話を直接タブレット端末で受信し、配車処理が行えます。深夜などの閑散時間帯にコールセンターにオペレータが不在でも、タクシー車両や自宅などタブレット端末があればどこからでも簡易的な配車業務が可能で、コロナ禍におけるニューノーマル時代のフレキシブルな働き方につながります。

【新世代タクシー支援システム「Type-C」の特長】
■タブレット端末、クラウド型webサービスを採用。簡単、安心、シンプルな運用と低コストを実現
■タクシーアプリ「S.RIDE(R)」(エスライド)に標準対応※2
■どこでも配車機能(オペレータ不在時の入電をタブレット端末に転送し、オペレータの代わりに乗務員が配車を行う。)

当社は、1950年代にタクシー用無線機を開発して以来60年以上にわたり蓄積したノウハウを活かし、市場のニーズに対応する当モデルを開発しました。今回S.RIDE株式会社※2との協業により、都市部で広がる配車アプリを地方にも普及させることでMaaSの推進にも貢献していきます。


デンソーテンでは今後も、グループが2030年に目指す姿『VISION2030』における、人と地球に優しい製品でクルマの魅力を高める「クルマの価値向上」や、移動の課題を解決し人々の生活を豊かにすることに貢献する「生活の価値向上」への取り組みを具体化し、お客さま・社会に貢献していきます。

今回の取り組みを通じて、以下のSDGsの達成を目指します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4601/48/resize/d4601-48-a9ba59e57ee0eb7e1070-1.jpg ]


※1 電波の届かない場所、その他ネットワーク障害などの通信事情により、ご利用になれない場合があります。
※2 「S.RIDE(R)」(エスライド)はS.RIDE株式会社が提供するタクシー配車サービスです。
   「S.RIDE(R)」(エスライド)はS.RIDE株式会社の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング