【スマートテレビに関するアンケート調査】スマートテレビの認知率は半数強。そのうち、利用者は5%、利用環境はあるが利用していない人は3割弱。利用意向は2割弱

PR TIMES / 2013年11月27日 9時34分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『スマートテレビ』に関してインターネット調査を実施し、2013年11月1日~5日に11,694件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18408/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■スマートテレビ認知率は半数強。利用者は認知者の約5%(全体の2.6%)。認知者のうち、利用できる環境はあるが利用していない人は3割弱、利用できる環境はない人が4割強
■スマートテレビ利用意向者は2割弱、非利用意向者は5割弱。利用意向者は、利用者の8割強、非利用者では2割
───────────────────────────────────────────



◆テレビのインターネット接続状況、利用している機能
 テレビを「インターネットに接続して利用している」は15.1%、「インターネット接続機能はあるが、接続していない」が45.4%です。利用している機能は、「動画サイト(Youtubeなど)を見る」「テレビ番組と、天気予報、ニュースなどを並べて表示」が各3割前後、「テレビ番組を見ながら、同画面上で、番組関連情報や、紹介された場所などの情報を調べる」「映像配信サービス(Gyao!など)をテレビで見る」が各1割強で上位にあがっています。


◆スマートテレビの認知、利用状況
 パソコンやスマートフォン等の機能・サービスを共有できる機能を備えたスマートテレビ。その認知率は、「詳しく知っている」5.4%、「名前は聞いたことがある程度」47.1%と、合わせて52.5%となっています。


 スマートテレビの利用者は、認知者の4.9%、全体では2.6%です。「スマートテレビが利用できる環境はあるが、利用していない」は25.3%、「スマートテレビの機能・サービスが利用できる環境はない」が42.0%となっています。「スマートテレビの機能・サービスを利用している」は20代でやや多く、高年代層ほど「スマートテレビが利用できる環境はあるが、利用していない」が多くなっています。


 スマートテレビ環境がある人に、スマートテレビの利用方法を聞いたところ、「テレビについているスマートテレビ機能(インターネット接続機能)」が45.4%、「インターネットに接続できるテレビチューナー」「CATVが提供するスマートテレビサービス(セットトップボックスを接続。JCNのSmart TV BOXなど)」が各1割前後となっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング