令和初のお正月は草月流のいけばなアートと最新技術が魅せるハーモニー「New Year 2020 子の花(ねのはな)」Powered by SOGETSU開催

PR TIMES / 2019年12月12日 16時5分

~2020年1月2日には草月流第四代家元 勅使河原茜によるいけばなライブも~2019年12月28日(土)~2020年1月13日(月・祝)

 GINZA PLACEは、2019年12月28日から2020年1月13日の期間、草月流いけばなと館内テナントがコラボレーションしたインスタレーションイベント「New Year 2020 子の花(ねのはな)」を開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16744/48/resize/d16744-48-487042-0.jpg ]

 GINZA PLACEでは、毎年お正月に、草月流いけばなと館内テナントがコラボレーションしたインスタレーションイベントを開催しています。新たな年を迎えるにあたり特別な雰囲気でお客様をお迎えします。
 今回は、「子」年の2020年に向け、「New Year 2020 子の花(ねのはな)」をテーマに装飾をおこないます。館内のNISSAN CROSSING(1F・2F)、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座(4F)にて、いけばな草月流が最も得意とする正月の竹の造形作品とクルマやaibo(アイボ)がコラボした装飾をご覧いただけます。12月28日から作品展示を開始し、さらに年明け1月2日には、初いけとして、草月流家元の勅使河原茜氏が仕上げを行う「いけばなライブ」を実施します。

 GINZA PLACEは世界有数の商業エリア・銀座の中心に位置し、「発信と交流の拠点」をコンセプトに、訪れる人に様々な体験と多彩な交流を生み出しながら継続的な情報発信を行い、銀座の街のさらなる活性化とにぎわいの創出に貢献する施設として銀座の新たなランドマークとなることを目指しています。今後も来館者に様々な体験と交流を生み出しながら情報発信を行っていきます。

「New Year 2020 子の花」企画概要
【開催期間】
2019年12月28日(土)~2020年1月13日(月・祝) (ただし、2020年1月1日は休館日)
※一部会場では開催期間が異なります。詳しくは下記をご覧ください。

【開催場所】
・1F NISSAN CROSSING(開催期間:12月28日(土)~1月11日(土))
・2F NISSAN CROSSING(開催期間:12月28日(土)~1月11日(土))
・4F ソニーショールーム/ソニーストア 銀座(開催期間:12月26日(木)~1月13日(月・祝))

【開催中スケジュール】
2019年12月28日(土):展示開始
2020年 1月 2日(木):いけばなライブによる仕上げ(出演:草月流家元 勅使河原茜氏)
<いけばなライブ>
時間:14時~
場所:1F NISSAN CROSSING
※時間は目安です。当日の状況により変更になる場合があります。
※1Fでのライブ終了後、2F NISSAN CROSSING、4F ソニーショールーム/ソニーストア 銀座にて、
展示作品についての説明を勅使河原茜氏より順次行わせていただく予定です。

■1F・2F NISSAN CROSSING
・1F展示
日産のFIAフォーミュラE選手権シーズン6での活躍を期待して1Fは勝利(Victory)の「V」の字をメインビジュアルとしつつ、赤、黒、白のカラーリングで日本の着物から着想を得た日産フォーミュラEのデザインにちなんで着物の襟元の重なりを思わせる凛とした白線をアクセントにして仕上げました。軽やかに舞う割竹は、フォーミュラEの洗練さを表現し、新年祝賀の雰囲気を盛り上げお客様を盛大にお迎えいたします。

・2F展示
フォーミュラEと同様に着物から着想を得たデザインのエキサイティングで静かなゼロエミッションEV レーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」。直線で交差する割竹の帯もまた、着物のデザインを踏襲しており、「気高さ・長寿」の象徴でもある苔梅の迫力ある装飾で、令和の時代の繁栄を願います。

[画像2: https://prtimes.jp/i/16744/48/resize/d16744-48-933989-1.png ]

■4Fソニーショールーム/ソニーストア 銀座
・4F展示
[画像3: https://prtimes.jp/i/16744/48/resize/d16744-48-530978-8.png ]

ソニーストア 銀座(4F)では、細竹を用いた末広がりの扇で清々しくお正月を迎えます。干支の「子」をモチーフとした水引飾りは、aibo(アイボ)のテーマカラーのピンクを基調としています。また、aiboと共に2020年の幕開けを迎えるお客様に楽しんでいただけるよう、撮影用にaiboの着物もご用意します。

<ご参考>
[画像4: https://prtimes.jp/i/16744/48/resize/d16744-48-112549-6.jpg ]

いけばな草月流について
草月流は、形式を重視する従来のいけばなに疑問を持ち、個性を尊重した自由な表現を求めた勅使河原蒼風によって、1927 年に創流されました。いつでも、どこでも、だれにでも、そしてどのような素材を使ってもいけられるのが草月流。現在は、第四代・勅使河原茜家元のもと、時代を捉えながら、常に新しく自由にいける人の個性を表現する流派として、世界中で親しまれています。

いけばなライブ出演者 プロフィール

[画像5: https://prtimes.jp/i/16744/48/resize/d16744-48-912924-7.jpg ]

草月流第四代家元
勅使河原茜(てしがはら あかね)
植物の生命感を最大限に引き出すみずみずしいいけばな作品を発表するかたわら、幼稚園教諭の経験を生かし、いけばなを通じて子どもの感性を培う「茜ジュニアクラス」を30年間にわたり指導。また、ダンサー、ミュージシャン、書家など他分野アーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組むとともに、いけばなの制作過程を臨場感あふれる大胆な演出で展開する「いけばなLIVE」を全国各地で開催し、新しいいけばなの表現を追求。国内外でのいけばなデモンストレーションやワークショップなどの活動により、国境を越えて、あらゆる世代に花をいけるすばらしさを発信しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング