株式会社シャリオン、カンボジア王国カンダール州ダチョウ小学校の子どもたちへ食育支援活動を行うNom PoPokへ寄付を実施

PR TIMES / 2021年1月19日 14時15分

最先端の歯のオーラルケア製品サービスを展開する株式会社シャリオン(本社:東京都港区、代表取締役:角田哲平)は、株式会社テーブルクロスのFood for Happiness事業、カンボジアの子どもたちのために美味しくて健康的なお菓子を作っているNom PoPokと提携し、カンボジア王国カンダール州ダチョウ小学校の子どもたちへ寄付いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25735/48/resize/d25735-48-656677-6.jpg ]


プロジェクト名:NOM POPOKと学ぶ!食べ物と栄養プロジェクト
期間:2ヶ月(2020年9月~10月)
新型コロナウイルスの影響で、カンボジアでは2020年3月中旬から9月初旬まで全校休校となりました。NOM POPOKでは、休校が明ける少し前の9月1日より週に1回のペースでワークショップを実施しました。
対象:カンボジア王国 カンダール州 ダチョウ小学校 約60名
計画では80名の児童が対象でしたが、学校再開後は、1クラスの生徒数が30名に制限されていたため、対象人数が減りました。
目標:小学校中学年、高学年の子どもたちが、食べ物や栄養が体に与える働きを知り、普段から様々な食品を食べることを意識し、実践するようになることを目指します。
活動と成果:本プロジェクトでは全6回の発表会を通して、3年生と5年生の児童が、塗り絵やゲームを通して、バランスよく食べることとはどういうことか、そして何故それが重要なのかについて学びました。3年生は3色食品群の分類について学び、5年生は3色分類から始めて、プロジェクト最後にはカンボジア保健省の公表している6分類までを理解し、自分たちで食品を分類することができるようになりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25735/48/resize/d25735-48-550841-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25735/48/resize/d25735-48-765322-3.jpg ]



株式会社シャリオンは、売り上げの一部を子供たちの支援に充てております。
日本全国各地の子供たちへ歯に対する知識や正しい歯磨きの仕方などを伝え、オーラルに対する予防歯科・意識を高める活動を行っております。
また日本国内のみならず、海外の途上国の孤児院などに歯ブラシ等の支援物資を寄贈し、現地の子どもたちの手に届いております。
株式会社シャリオンはこれからも「世界でいちばん、笑顔をつくろう」という企業理念のもと、子供たちの歯の健康の為に支援を続けてまいります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/25735/48/resize/d25735-48-986793-1.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25735/48/resize/d25735-48-958766-4.jpg ]



【会社概要】
・会社名   :株式会社シャリオン
・代表者   :代表取締役 角田哲平
・本社    :〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9BPRプレイス神谷町4階
・事業内容  :オーラルケア商品開発・販売、美歯口シリーズ開発・販売、メディア事業、ホワイトニングネット・美歯NAVI運営
・ホームページ: https://charion.co.jp/
<オーラルケアに特化した情報番組 「美歯Navi」>
https://www.youtube.com/playlist?list=PLJRcTtr2y59t6DtJ_Ez7tlKh8cjpb6ESK

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング