金融×通信×電気を組み合わせた国内初の電気サービス、「じぶんでんき」12月2日より提供開始

PR TIMES / 2019年12月2日 16時15分

~住宅ローンの金利を年0.03%引き下げ、さらに毎月電気料金0.5%分のau WALLET ポイントを還元~

KDDIは2019年12月2日より、全国(注1)で電気サービス「じぶんでんき」の提供(注2)を
開始します。

じぶんでんき( http://kddi-l.jp/83S




[画像1: https://prtimes.jp/i/26860/48/resize/d26860-48-906584-0.png ]

「じぶんでんき」は、KDDIがじぶん銀行の住宅ローンをご利用のお客さま向けに提供する電気サービスです。
住宅ローンと電気サービスとを組み合わせて住宅ローンの金利を引き下げるサービスは国内初となります(注3)。
じぶん銀行 住宅ローン( https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/

じぶん銀行の住宅ローンに加え「じぶんでんき」に加入いただくことで、住宅ローンの適用金利を
年0.03%引き下げるとともに、毎月の電気料金に対して一律0.5%相当分(注4)のau WALLET ポイントを還元します。貯まったau WALLET ポイントは、1ポイント1円として、バーコードやQRコードを使ったスマホ決済サービス「au PAY」や総合ショッピングモール「au Wowma!」などでご利用いただけます。

また、電気使用量や電気料金がいつでも確認でき、さらにお客さまの省エネ行動を促進するアプリ
「でんきアプリ」を提供します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26860/48/resize/d26860-48-116867-1.png ]

じぶん銀行では2015年12月に住宅ローンの取り扱いを開始して以降、ネット完結ならではの低水準の金利と、充実した団体信用生命保険(以下、団信)内容が評価され住宅ローン人気ランキング第一位(注8)を獲得するとともに、契約いただいた約94%(注9)のお客さまにご満足いただいています。

また、2019年3月にはネット銀行として初めて(注10)団信を「がん診断保障」に加えて「全疾病保障」に対応した内容に一部リニューアルしたことも評価され、2019年5月には融資実行額が累計5,000億円を突破しました。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、さらに生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を始動しています。今後も"ワクワクを提案し続ける会社"として、スマートフォンを中心とした金融サービスを提供し、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は下記をご参照ください。

■「じぶんでんき」について( http://kddi-l.jp/83S
1.概要
じぶん銀行の住宅ローンをご利用のお客さま向けに提供する電気サービスです。
(1)プラン名称および料金
プラン名称および料金は以下のとおりです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/26860/48/resize/d26860-48-906818-2.png ]

(2)特典内容
1.「じぶん銀行の住宅ローン」金利引き下げ
「じぶんでんき」の加入でじぶん銀行の住宅ローンの適用金利を年0.03%引き下げます。

2.ポイント還元
ご利用の電気料金に対して一律0.5%のau WALLET ポイントを還元します。
※割引対象金額は、毎月の「じぶんでんき」ご利用料金のうち、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除く料金です。

3.でんきアプリ
日々の電気料金をいつでも簡単に確認できることに加え、月末の電気料金を予測することが可能です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/26860/48/resize/d26860-48-412549-3.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/26860/48/resize/d26860-48-245009-4.png ]

そのほか、消費電力に関する「家電ごとの内訳推定」や「世帯ごとの比較」などの機能を提供し、お客さまの省エネをサポートします。
「でんきアプリ」のダウンロード方法はこちら( http://kddi-l.jp/Cnw)をご参照ください。

2.お申し込み方法
「じぶんでんき」専用サイト( http://kddi-l.jp/83S)よりお申し込みいただけます。

3.提供開始日
2019年12月2日

(注1)沖縄県・一部離島を除く。
(注2)KDDIはサービス提供者、じぶん銀行は業務委託先です。提供エリアごとの小売電気事業者は次のとおりです。
東京電力エリア(一般送配電事業者が東京電力パワーグリッドのエリア):東京電力エナジーパートナー
中部電力エリア:中部電力
関西電力エリア:関西電力
中国電力エリア:中国電力
その他の提供エリア:KDDI
(注3)2019年12月2日時点、新電力の販売電力量上位100社を調査。KDDIおよびじぶん銀行調べ。
(注4)燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除いた金額が対象です。
(注5)記載例は金利年0.5%で借り入れた場合の完済までの金額から金利年0.47%で借り入れた場合の完済までの金額との差額を算出しています。実際のお借り入れ事例を示すものではなく、また、実際の事例と若干計算結果が異なる場合があります。なお、本試算はじぶん銀行の住宅ローンが借り入れから完済されるまで、間断なく「じぶんでんき」をご利用いただく前提の上計算されています。

【計算条件】
・金利年0.5%のケース:お借入金額:3,000万円、返済期間:30年、元利均等返済・ボーナス分返済額0円、
借入利率が期間中に変動しない場合
・金利年0.47%のケース:お借入金額:3,000万円、返済期間:30年、元利均等返済・ボーナス分返済額0円、
借入利率が期間中に変動しない場合
※所有権保存・所有権移転・既存担保権抹消などの一部登記費用、火災保険の保険料などの諸費用は含まれて
いません。
※諸費用には、事務手数料と登記関連費用(概算)が含まれます。
(注6)じぶんでんきによる軽減額:141,925円を住宅ローンのみの場合の利息額:2,312,288円で割ったパーセンテージ。
(注7)電気利用料金のうち、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除いた金額に対して0.5%を乗じたau WALLET ポイントを、原則として、対象のでんき料金請求月の月末までに「じぶんでんき」のau IDに還元します。
なお、au IDの統合/変更などによりIDが無効になった場合は、ポイント還元対象外となることがあります。
(注8)価格.com 住宅ローンカテゴリ人気ランキング新規借り入れ(固定金利)、 借り換え(固定金利)で1位
(集計期間:2019年10月1日~2019年10月31日)
[画像6: https://prtimes.jp/i/26860/48/resize/d26860-48-509233-5.png ]

(注9)2015年12月1日~2018年12月31日に、じぶん銀行の住宅ローンをご契約いただいたお客さまを対象としたアンケートより。
(注10)住宅ローンを取り扱いしているネット専業銀行4行(ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行)で比較(2018年12月10日調べ)。
詳細はこちら( https://www.jibunbank.co.jp/landing/homeloan/insurance/)をご参照ください
※会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング