フリースケール、新次元の性能を実現する 最新Airfast RFパワー・ソリューションを発表

PR TIMES / 2012年6月28日 11時27分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、次世代基地局の効率、ピーク出力、信号帯域幅を大幅に上回る新しいAirfastトランジスタを発表しました。今回の最新製品導入により、フリースケールのフラッグシップであるAirfast RFパワー製品ラインは、各セルラー・バンドに対応するソリューションが完全に揃い、小型セルと大型セル両方の基地局展開をサポートするようになります。

費用対効果に優れたAirfast RFパワー・ソリューションにより、ネットワーク機器メーカーや通信事業者は、さまざまなワイヤレス標準規格をサポートし、急増するデータ伝送を管理しつつ、導入コストと運用コストを抑えることができます。

また、最新Airfastデバイスを補完するべく、フリースケールは、先進ドハティ・アライメント・モジュール(ADAM)という新しい制御製品も導入します。位相や振幅をリアルタイムで調整できるため、従来のドハティ・パワー・アンプが最適化されます。このモジュールは、Airfastデバイスと連動して、電力効率、出力、全周波数帯域のリニアリティなど、システム全体の性能を大幅に改善します。

フリースケールの副社長兼RFディビジョン担当ジェネラル・マネージャであるリトゥ・ファブレは、次のように述べています。「フリースケールのAirfast RFパワー・ソリューション・ポートフォリオの新メンバーは、小型セルやマクロセルの基地局を対象に、リニア効率を飛躍的に高め、高い出力を提供します。長年にわたりRFパワー市場をリードし、LDMOS技術のパイオニアとなったフリースケールは、RFトランジスタを幅広く提供し、パワー・アンプ性能を高めつつ、コストと設計サイクルを削減します。」

製品の主な特長
AFT09S282Nは、フリースケールの900MHz 28V LDMOS製品です。720MHz~960MHzの最新のRF性能を発揮し、現在市場供給しているOMNIプラスチック・オーバーモールド・パッケージ製品の中で最高のピーク出力を実現します(490Wロード・プル・ピーク出力)。

AFT18S230Sは、1.8GHz 28V RFパワーLDMOSトランジスタで、8dBのOBOで45%の対称ドハティ効率、17dBのゲインを実現します。この効率水準は、非対称専用のドハティ方式を利用した複雑かつ高価なソリューションとほぼ同等です。また、新デバイスを非対称ドハティ・パワー・アンプで利用すると、さらに優れた効率性能を実現することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング