「MONEX 個人投資家サーベイ 2013 年8 月調査」

PR TIMES / 2013年8月27日 16時39分

個人投資家の約6 割が消費税増税に慎重

マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2009 年10 月より、マネックス証券に口座を保有する個人投資家を対象に、相場環境に対する意識調査を月次で実施しております。
このたび、2013 年8 月16 日~19 日にインターネットを通じて実施したアンケート調査1,262 件の回答結果を報告書にまとめました。マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木 隆の総括と併せてご活用ください。



【調査結果要約】
(1)個人投資家の見通しDI(※1)は日本株小動き、米国株低下、中国株は上昇
【日本株DI】 (2013 年7 月) 32 → (2013 年8 月) 33 (前月比+1 ポイント)
【米国株DI】 (2013 年7 月) 48 → (2013 年8 月) 30 (前月比-18 ポイント)
【中国株DI】 (2013 年7 月) -68 → (2013 年8 月) -50 (前月比+18 ポイント)
 前回調査時(2013 年7 月)以降、日経平均株価は下落傾向だったが、日本株DI は小幅な動きとなりました。8 月上旬にNY ダウ平均が史上最高値を連続して更新しましたが、米雇用統計が予想よりも下回ったこと、FRB の量的緩和縮小の開始時期の予測観測などの影響からか米国株DI は低下しました。HSBC が発表した7 月の中国製造業PMI が47.7(6 月:48.2)と前月より悪化しましたが、金融市場への不安感が後退したのか、中国株DI は上昇に転じました。
(※1)「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

(2)業種別魅力度ランキングは、8 ヶ月連続で「自動車」と「医薬品」が上位2 位を独占
 個人投資家が「魅力的であると思う業種」ランキングでは、8 ヶ月連続で「自動車」と「医薬品」が上位2 位を独占しています。今回の調査では、前回調査時より引き続き「自動車」が首位となりました。また、「不動産」(3 位→5 位)、「銀行」(5 位→8 位)、「石油関連」(10 位→12 位)が順位を下げる一方、「ハイテク」(6 位→4 位)、「鉄鋼」(12 位→11 位)がそれぞれ順位を上げました。

(3)今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通し:円安を見込む向きは減少し約5 割に
 8 月上旬から中旬かけて円高傾向だったこともあり、今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しでは、円安を見込む層は前回調査時より12 ポイント減少の50 ポイントとなりました。(62→50)逆に円高を見込む層は11 ポイント増の20 ポイントとなりました。(9→20)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング