V6アーキテクチャを基盤とするダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームが世界のトップ企業を強力に支援

PR TIMES / 2014年5月12日 14時2分

各業界での顧客の成功事例とトップアナリストの予測によりV6アーキテクチャおよびビジネス・エクスペリエンス・プラットフォーム戦略の有効性を確認

3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、業界をリードする数百社の顧客がダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用、V6アーキテクチャの有効性が確認されたと発表しました。幅広い業界の企業が3Dエクスペリエンス・プラットフォームを本格的に運用しており、ユーザー各社は3Dエクスペリエンス・プラットフォームとそのV6アーキテクチャを活用することで、急速に進化し続ける今日のエクスペリエンス・エコノミー (経験経済) を勝ち抜くためのカスタマー・エクスペリエンスを創造し、顧客ロイヤリティを高めています。



V6アーキテクチャを基盤とする3Dエクスペリエンス・ソリューションは、韓国の現代重工業、米国のベル・ヘリコプター、米国の建築設計企業 ショップ アーキテクツ、ロシアの原子力発電企業であるNIAEP、イタリアの熱関連機器/空調システム企業、リエログループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、プロクター・アンド・ギャンブル、LGエレクトロニクスをはじめとするグローバル企業で活用されています。ダッソー・システムズの新規顧客数は毎年約2万社増加しており、ダッソー・システムズは次世代ソリューションであるビジネス・エクスペリエンス・プラットフォームを提供するイノベーション・パートナーとして、ビジネスリーダーから高い評価を得ています。

V6アーキテクチャを基盤とする3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、LGエレクトロニクス、英ジャガー・ランドローバー、仏ルノー、印複合企業体・ラーセン・アンド・トゥブロおよび仏交通インフラ企業・アルストム・トランスポールなど、過去においては競合ソリューションを使用していた各業界の大手企業からも支持を集めています。

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「お客様がV6を基盤とする3Dエクスペリエンス・プラットフォームを使い、これまでにないエクスペリエンスを創造し市場へ提供されている、素晴らしい事例が数多く存在します。3Dエクスペリエンスは、本番環境で運用されており、我々は協調的な取り組みを通じてこれらの導入実績をより多くの方々に共有してまいります。V6は、3Dエクスペリエンス・プラットフォームにぴったりの基盤であり、あらゆる規模の企業に最適な、オープンな標準規格に準拠したアーキテクチャです。ダッソー・システムズはこの基盤を通じ、お客様が自らの目標を達成され、かつ自然環境や人々の生活と製品の調和を保ち、地球環境の持続可能性を担保する技術革新を実現されるよう支援しています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング