-シェービング新カテゴリー「ハイブリッド型」市場確立へ-

PR TIMES / 2014年3月4日 17時59分

2週間で替刃交換、2ヵ月でホルダーも使い切る「コストパフォーマンス」×「機能性」をもつ 新発想カミソリ「Xfit(クロスフィット)」 3月上旬より順次店頭発売開始 業界初の商品形状認証を採用したスマホ専用アプリで継続的なコミュニケーションも実現!



ディスポレザー(使い捨てカミソリ)で国内No.1のシェアを誇る貝印株式会社(以下、貝印)は、使い捨てカミソリの手軽さと替刃式カミソリの機能性をあわせもった、これまでにない新発想のカミソリ「Xfit(クロスフィット)」を2014年2月21日(金)から公式WEB通販サイトを皮切りに、3月上旬より順次全国のホームセンター、ドラッグストア、大手量販店、コンビニエンスストア等にて発売開始いたします。
「Xfit」は、ホルダー1本に替刃4個をセットとして販売。2週間で新しい替刃に交換し、2か月(8週間)で使い切る時にホルダーも一緒に交換するという使い方が特徴です。
替刃式カミソリ利用者において、「本体や替刃の価格が高いと
感じる」(64.4%)や「長く使っていると汚れが気になる」(42.3%)といった不満が存在することや、「替刃購入の際自分の替刃がわからない」(59.6%)や「自分の替刃がわからずカミソリ本体ごと買い換える」(36.2%)といった“替刃迷子”の方も多く存在します(※2014年 貝印調べ)。また、ディスポレザーにおいても3枚刃・5枚刃の高機能化市場が伸長しており、このような市場背景から使い捨てカミソリの“高いコストパフォーマンス”“使い切るごとに捨てられる手軽さ”“衛生面・見た目の清潔さ”に、替刃式カミソリの“機能性”“買い替える手間の削減”を融合させたXfitを上市する事で、新たなカテゴリーとなる「ハイブリッド型」市場を確立を目指します。

Xfitの製品ホルダーは、人間工学に基づいた手になじむデザインに仕上げ、廃棄時の環境への配慮から樹脂量を大幅に削減しました。また、商品パッケージもリサイクル素材を使用しています。ヘッドには、あらゆる方向に自由自在に動き、肌の凹凸に刃体がしっかりフィットするように設計した貝印独自の3Dヘッドを採用。替刃をワンプッシュで簡単に脱着できる手軽さも兼ね備えています。替刃には、貝印だからこそできる超・硬刃技術で仕上げた高品質な日本製5枚刃を採用。さらに、本商品から導入した新形状のフレームにより刃の剛性の向上を図りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング