2014年9月、「バルバッコア」と「鍋ぞう」、新宿に同時オープン

PR TIMES / 2014年6月10日 12時2分

新宿伊勢丹の明治通り側の向かいにある「レインボービレッジビル」の7Fに2店舗同時オープン

2014年9月、株式会社ワンダーテーブルは、新宿伊勢丹の明治通り側の向かいにある「レインボービレッジビル」の7階に『バルバッコア 新宿店』と『鍋ぞう 新宿明治通り店』の2店舗を開業します。近隣はファストファッションが並ぶエリアで、当ビルもB1階~3階に入っているH&Mが目印になっています。



「バルバッコア」は、1990年、ブラジル・サンパウロに誕生した、グローバルな人気を誇るシュラスコ料理専門店です。日本では、今から20年前の1994年、表参道にオープンし、その後、丸の内、渋谷、心斎橋にも開業しています。メニューは、希少価値の高い牛肉の部位や、ブラジル独特の食材を味わえるサラダバーなど、全50種類近くあるお料理をブッフェスタイルでお楽しみいただけます。新宿店も、他店同様に、グレードの高いシュラスコ料理とサラダバーを提供します。


「鍋ぞう」は、東京都内に約30店舗展開する、しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店です。お好みのスープを  お選びいただき、20種類以上の新鮮野菜や厳選したお肉などを、食べ放題でお楽しみいただけます。2012年より、新宿と渋谷にある計5店舗を、アラサー女性をメインターゲットに、「野菜市場」と呼ばれる ブッフェコーナをより魅力的にし、リニューアルを行ってまいりました。新宿明治通り店は、さらに女性に喜ばれるインテリアを意識し、北欧風の白を基調としたナチュラルな色使いにする予定です。


どちらも新宿を拠点とする就業者をターゲットとしています。新宿の新たなスポットを目指す両店に、ぜひご期待ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング