地域振興・機体活用プロジェクト「空恋」 やんばる花めぐり号ソラシドエアと沖縄美ら島財団が相互連携協定を締結!

PR TIMES / 2015年12月8日 14時41分

 ソラシドエア(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役社長:高橋 洋)は、12月7日(月)に、(一般財団法
人)沖縄美ら島財団と地域社会発展に寄与することを目的とした包括的連携協定を締結しました。




 (一般財団法人)沖縄美ら島財団は、ソラシドエアの機体活用プロジェクト『空で街と恋をする(通称: 空恋プロジェクト)』における 12 番目の空恋パートナー「チーム沖縄やんばる※」の事務局として 2014 年 10 月から「やんばる花めぐり号」を就航しました。機体側面には沖縄やんばるの花々でハートを描いたデ ザインで、やんばるに訪れた方々の心に花を咲かせたいという思いで、約 1 年間の観光PRを行いました。
 ※「チーム沖縄やんばる」とは沖縄県北部の 7 市町村(本部町、名護市、今帰仁村、大宜味村、国頭村、東村、 伊江村)と沖縄美ら島財団で設立した団体の総称

 チーム沖縄やんばるとソラシドエアは、就航地域のイベントに共同で参加し、沖縄北部地域(やんば る)への誘客促進ならびに「フラワーアイランド沖縄」としてオールシーズンで観光を楽しめる沖縄やんば るの魅力を発信する活動を通して、交流を深めてまいりました。
 
 この度、「やんばる花めぐり号」が約1年間のフライトを終えたことを契機に、今後も、より一層相互に連 携しながら、観光や地域産業、地域文化等に加え、航空文化の振興に努めるべく、包括的連携協定を 締結することになりました。
 
 ソラシドエアでは、今後も「九州・沖縄の翼」としてより一層地域の皆様との絆を深め、地域になくてはな らないエアラインとして、地域振興の取り組みを行ってまいります。

[画像: http://prtimes.jp/i/11231/49/resize/d11231-49-727813-6.jpg ]

           締結式の様子         機体活用プロジェクト”空恋”「やんばる花めぐり号」


ソラシドエアは、本社を宮崎県宮崎市に構え「九州・沖縄の翼」として羽田・沖縄と九州を結ぶ路線を展 開しています。全機新型ボーイング737-800 機に揃え(12 機保有)、リーズナブルな運賃とソラシドエ アらしいおもてなしのサービスで毎日10 路線68 便を運航しています。
ブランドコンセプト“空から笑顔の種をまく。”の下、キャッチコピー『メイク・ワンダー!今までにない新しい 笑顔のために。』を掲げ、驚き、感動そしてワクワクなサービスを目指してまいります。 地域と連携した地域振興・機体活用プロジェクト「空恋」や女性向けサービス「ソラ女子」などお客様に笑 顔を届ける取り組みを展開中です。
ソラシドエア ホームページ::http:www.solaseedair.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング