ストレスフリー・リラックス・イージーケア、RED CARD12年目の挑戦「Timeless」ラインがデビュー

PR TIMES / 2021年1月15日 17時45分

株式会社ゲストリストが運営するデニムブランド「RED CARD(レッドカード)」から、トレンドに左右されないオーセンティックなデニムを展開する 「Timeless」ラインが2021年プレスプリングシーズンよりデビュー致します。「ストレスフリー・リラックス・イージーケア」という3つのキーワードから構成されたデニムアイテムのラインナップをご紹介します。



■RED CARD「Timeless」ライン誕生の背景
RED CARDは2009年に本格的なMade in Japanデニムを追求するブランドとして誕生し、はき心地の良いヴィンテージライクなデニムを生み出し続けてきました。そんなRED CARDが12年目にもう一度原点回帰をし、現代の生活に寄り添いながらも時代に左右されない、オーセンティックなデニムアイテムをご提案したいという気持ちから生まれたのがTimelessラインです。
「ヴィンテージ加工」を得意とするRED CARDだからこそ実現可能な“ライフスタイルの一部としてのジーンズ”。時代に合わせた、皆が憧れるような永遠の名品を目指します。またお客様にしっかりとコンセプトが伝わるよう、シーズン展開時期も年2回のプレシーズン(1月・6月)のみとしています。価格帯も通常のラインより少し高めに設定し、高品位な素材を採用することにより身にまとうだけでリッチな気分を味わうことのできるデニムをご提案致します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31125/49/resize/d31125-49-475108-4.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/31125/49/resize/d31125-49-997828-5.jpg ]


■「ストレスフリー・リラックス・イージーケア」の3大キーワード
Timelessラインは「ストレスフリー・リラックス・イージーケア」をコンセプトとしています。このコンセプトに基づいて、Timelessラインの中で展開されるアイテムには、吸水速乾性と肌触りの良さを強みとする生地を使用しています。
RED CARDの通常ラインではポリウレタンの入ったストレッチ性の高いデニム地を採用しているのに対して、Timelessラインでは綿80%・ポリエステル20%の混紡生地を使用。ノンストレッチながらも柔らかく、心地よい肌触りを実現し、吸水速乾性に優れたデニムに仕上がっています。また生地の織り方の関しても、Timelessラインでは通常の綾織りから甘織りへと変更しているため、着用時によりリラックスした生地感を体感していただくことが可能です。

■“RED”ではなく“WHITE”のロゴを採用
「赤」をブランドカラーに掲げてきた従来のRED CARDですが、Timelessラインではそれを逸脱した「ホワイトロゴ」を採用しています。デニム付属のエンボスシール、腰裏のブランドネームも従来の赤ではなく、すべてホワイトプリントとなっており、クリーンで洗練された印象を与えます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/31125/49/resize/d31125-49-960593-0.jpg ]


■展開アイテムについて
2021年プレスプリングシーズンにおける「Timeless」のラインナップは、以前からご好評をいただいていたジーンズモデル「Vintage Straight」と「City」に加えて、今シーズンから新しく登場したデニムジャケット「Chance」の3アイテムとなっています。
Vintage Straightは、1950年台前後に流行したモデルからインスパイアされた、オーセンティックなストレートデニムです。New Classicなモデルとして、RED CARD原点のシルエットを再提案しています。また、ややワイドなストレートシルエットなので脚のラインを拾わず、体型カバーの効果も発揮します。
2020年プレフォールシーズンから展開をスタートし、発売当時から大変好評だったCityは、股上しっかりのミッドライズ仕様で腰回りはゆったり、裾にかけてテーパードしていくスラウチーデニム。通常のRED CARDのモデルよりも股下の丈が短めに設定されているため、小柄な方にもフィットする1本です。
今シーズンの新作モデルであるChanceは、オーバーサイズのデニムジャケット。メンズライクなシルエットなので、さらっと羽織るだけでこなれた着こなしを可能とするアイテムです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/31125/49/resize/d31125-49-418111-3.jpg ]



(左から)
Vintage Straight (カラー:kita - Indigo Mid・kita - Indigo Light Damage・kita - Grey Light・Oyster) ¥22,000(税込) ※kita - Indigo Light Damageのみ¥26,400(税込) https://shop.haunt-tokyo.com/itemdetail?ItemID=98501-kim
City (カラー:kita - Indigo Mid・kita - Indigo Light Damage・kita - Grey Light・Oyster) ¥22,000(税込) ※kita - Indigo Light Damageのみ¥26,400(税込) https://shop.haunt-tokyo.com/itemdetail?ItemID=96536-oys
Chance (カラー:Indigo Mid・Grey Light・Oyster) ¥29,700(税込) https://shop.haunt-tokyo.com/itemdetail?ItemID=99387-gl




RED CARDについて


[画像5: https://prtimes.jp/i/31125/49/resize/d31125-49-101425-2.jpg ]

東京で生まれた新しいデニムだから、時代、文化にも応じて進化していく。デニム=頑丈で長くはき続けるなんていうセオリーはもうナンセンス。そんな固定概念にとらわれないデニム。プロデューサー本澤裕治の掲げる3F(FABRIC/FIT/FINISH)をプロダクションに携わる一人一人の職人が忠実に再現し生まれてくる。それが“RED CARD”のデニム。リアルヴィンテージのように立体感が感じられるウォッシュ加工とアタリやヒゲのユーズド加工に、日本の繊細なクオリティーが随所に見える佇まい。単なるワークウェアとしてのデニムとは真逆の発想をもつ“RED CARD”は、機能面ばかりを追求するのではなく、きめ細やかな日本の感性が生み出した発想“進化版REAL DENIM”を提案します。


株式会社ゲストリストについて


[画像6: https://prtimes.jp/i/31125/49/resize/d31125-49-530476-1.jpg ]

株式会社ゲストリストはRED CARD、upper hights、Healthy DENIM、LUCENTIなど、ハイエンドなブランドを扱う卸売業のほか、東京・代官山にて、コンテンポラリーからラグジュアリーなブランドを取り揃えたセレクトショップ「HAUNT」を運営しています。

【HAUNT ONLINE SHOP】
https://shop.haunt-tokyo.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング