1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

トーヨーカネツ千葉事務所に自家消費型太陽光発電設備を導入

PR TIMES / 2021年7月12日 16時45分

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、トーヨーカネツ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:柳川 徹、以下トーヨーカネツ)の千葉県木更津市にある千葉事務所の屋根上に自家消費型太陽光発電設備を導入しましたことをお知らせいたします。
※自家消費事業サービスサイト: https://looop.co.jp/prosume/



[画像: https://prtimes.jp/i/58095/49/resize/d58095-49-c35f69354cf3bd97b5fd-0.jpg ]



本件はトーヨーカネツグループでは初めてとなるPPA(電力販売契約)での導入となり、トーヨーカネツにおける年間消費電力のおよそ7%(2020年度消費実績ベース)に相当する再生可能エネルギーを供給します。また本件は、環境省が実施する「令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(サプライチェーン改革・生産拠点の国内投資も踏まえた脱炭素社会への転換支援事業)」の対象となっています。

PPAモデルとは、第三者所有モデルとしても知られています。PPAはPower Purchase Agreementの略で、電力の需要家がPPA事業者に敷地や屋根などのスペースを提供し、PPA事業者が太陽光発電システムなどの発電設備の無償設置と運用・保守を行います。また同時に、PPA事業者は発電した電力の自家消費量を検針・請求し、需要家はその電気料金を支払います。設置した太陽光発電設備からの電力にかかる料金が、地域の電力会社から購入する場合の電力料金よりも安価になるように設定することで、需要家の支払う電気代の削減が実現できる他、停電時にも必要な電源を調達することができBCP対策としても有効です。

今後もLooopは、脱炭素社会実現の切り札といわれる屋根上太陽光の導入促進をPPAなどの手法で進めながら、お客様のCO2排出量削減や電気代削減などのニーズに添うサービスを提供し、再生可能エネルギーの最大普及に向けて尽力してまいります。

【導入施設概要】
・トーヨーカネツ 千葉事務所(千葉県木更津市)
太陽光モジュール容量:243kW
導入日:2021年7月12日

【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:  2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器の販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2020年6月末現在
売上高: 50,736百万円 ※2020年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com/low-v/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング