環境イメージ(パーセプション)と環境活動の実態(パフォーマンス)の総合評価による グローバル・グリーンブランド・ランキング “Best Global Green Brands 2014” を発表

PR TIMES / 2014年6月24日 18時7分

・自動車ブランドが4位までを独占。FordがToyotaにかわり世界一に
・TOP 10 に日本企業 5 ブランドがランクイン
・IKEA と Zara が大きくランクアップ



世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブラン ドは、優れた「グリーンブランド」のグローバルランキング、“BestGlobalGreenBrands2014” を公表しまし た。

本ランキングは、グローバルな観点で影響力が大きいと考えられるインターブランドのグローバルブランドラン キング “BestGlobalBrands2013” にランクインしたコーポレートブランドを評価の対象としています。その ブランドの中から、「環境パーセプション(=生活者にどう認識されているか)」と「環境パフォーマンス(=企業 がどう活動しているか)」が両立しているブランドを「優れた『グリーンブランド』の条件」と定義し、その二つの データに基づき、「グリーンブランドスコア」を算出、その中で優れたグローバル・グリーンブランド TOP50 をラ ンキングしました。

■世界的なグリーンブランドとしての存在感をしめす日本企業
本年度は Toyota(2 位)に代わり Ford が初めて第 1 位となり、第 3 位に Honda、第 4 位には Nissan と、 自動車ブランドが上位を独占しています。また日本のエレクトロニクスブランドも健闘し、Panasonic(5 位)と Sony(7 位)がトップ 10 入りを果たし、Canon(26 位)も順位を上げるなど、多くの日本企業が世界的なグリー ンブランドとしての存在感をしめしています。

また、IKEA(19 位)、Zara(34 位)、Philips(14 位)、adidas(8 位) が大幅に躍進し、Chevrolet(32 位)、 Disney(49 位)および Heineken(50 位)が新たにランキング入りを果たしています。

本ランキングを発表するにあたり、インターブランドは、経済規模の大きい上位 10 カ国(アメリカ・中国・日 本・ドイツ・フランス・イギリス・ブラジル・ロシア・イタリア・インド)の生活者を対象に、企業の環境活動に対 する認識を調査し、「環境パーセプションスコア」として分析、評価しています。また、公表されている情報に 基づく企業の「環境パフォーマンス」を Deloitte 社が評価し、環境パフォーマンススコアを算定しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング