株式会社エヌ・シー・エヌと株式会社ザ・ハウス、 工務店業務支援ソフト「重量木骨の家版Patio」の供給をスタート。

PR TIMES / 2013年5月9日 9時25分

~建てて終わりではなく、これからも長く住み続けるために~

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)に、登録している全国の工務店500社のなかから選ばれた各地域で優良な工務店62社で構成している「重量木骨の家」(URL:http://www.mokkotsu.com/)では、ザ・ハウスが提供している工務店業務支援ソフト「Patio(パティオ)」をカスタマイズし、重量木骨の家版「Patio(パティオ)」として提供することで、業務提携を行ったことをお知らせいたします。

                          2013年5月9日

<重量木骨の家>
株式会社エヌ・シー・エヌと株式会社ザ・ハウス、
工務店業務支援ソフト「重量木骨の家版Patio」の供給をスタート。
~建てて終わりではなく、これからも長く住み続けるために~

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区赤坂4-8-14
社長:田鎖郁男、資本金:1億円

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)に、登録している全国の工務店500社のなかから選ばれた各地域で優良な工務店62社で構成している「重量木骨の家」(URL:http://www.mokkotsu.com/)では、ザ・ハウスが提供している工務店業務支援ソフト「Patio(パティオ)」をカスタマイズし、重量木骨の家版「Patio(パティオ)」として提供することで、業務提携を行ったことをお知らせいたします。

全棟構造計算書付きのSE構法を供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)では、全国のSE構法登録施工店454社のなかで各地域の優良な工務店62 社で構成している「重量木骨の家」(URL:http://www.mokkotsu.com/)を展開しております。
ザ・ハウスが提供している工務店業務支援ソフト「Patio(パティオ)」は、工務店の顧客名簿管理から、契約、そして、竣工から定期点検にいたる一連のプロセスを管理するクラウド型のソフトウェアです。
重量木骨の家は、各エリアの優良の工務店62社で構成され、SE構法だけでなく、長期優良住宅への取り組みや、地域ブランド化事業など、様々な家づくりに対する新しい取り組みとともに、資産価値のある家づくりに向けて、様々な制度や保証などの構築に積極的に取り組んでいます。
今回、2社が、工務店支援ソフトでの業務提携を行った背景には、重量木骨の家62社のほとんどが長期優良住宅への取り組みをおこなっており、営業から契約、施工、アフターメンテにいたるまで、住宅メーカー以上のサービスを行っています。そうしたなか、各社個別での管理システムで運営していますが、重量木骨の家の構造はすべてSE構法である点と、重量木骨の家及びNCNの共通理念である「資産価値のある家づくり」に対し、“建てて終わり”ではなく、100年以上もつ家づくりに対し、営業段階からアフターメンテに至るまでの管理ツールを共有することが、いままで以上の顧客サービスの強化につながるものと判断しました。
具体的には、メンテナンスについては、施工者である工務店でありますが、耐震構法SE構法は全棟構造計算を行っていると同時に、構造図面についてはNCNが全棟データ化して保管していることから、工務店側での定期メンテナンス、さらには、数十年以降のメンテナンスに対して、図面の保管を行っているNCNと共有することで、よりスピーディーな顧客対応を可能にするものと確信しております。
「重量木骨の家Patio」については、元来の「Patio」にある機能で、入出金管理も使用可能であり、顧客の個人情報や企業の経営情報も管理できるソフトとなっております。「重量木骨の家版Patio」では、NCNは、あくまでも業務管理情報だけを共有する仕組みにしており、個人情報等や経営情報については、NCNは、閲覧ぜず、各個別の重量木骨の家、62社それぞれだけが閲覧できるようになっています。すなわち、竣工後、数順年後でも、重量木骨の家の築年数別の棟数を、各個別の工務店で把握するのではなく、重量木骨の家全体で、NCNとともに共有することとなっております。NCNでは、今後も全国の優良な工務店である「重量木骨の家」のメンバーとともに、資産価値のある家を目指し、様々な活動をしてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
以 上

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング