木造賃貸住宅で業界最高水準の遮音床 「ノンサウンドフロア-V」をリリース

PR TIMES / 2013年4月1日 19時23分

さらに、すべてのアパート商品に遮音性を高めた「ノンサウンドシステム」を採用

株式会社レオパレス21は、平成25年4月より販売するすべてのアパートに標準仕様として、一般的な木造建築より2ランク以上遮音性能を向上した「ノンサウンドフロア」を採用し、オプションとして木造賃貸住宅の業界最高水準となる遮音床「ノンサウンドフロア-V」を販売開始します。昨年実施した、「高遮音界壁」「遮音配水管」の採用とともに、「ノンサウンドシステム」として、アパート商品の防音性能の向上を、高いレベルで実現します。




株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世)は、平成25年4月より販売するすべてのアパートに標準仕様として、一般的な木造建築より2ランク以上遮音性能を向上した「ノンサウンドフロア」を採用します。また併せて、木造賃貸住宅の業界最高水準となる遮音床「ノンサウンドフロア-V」を販売開始、すべてのアパート商品でオプションとして選ぶことができます。
昨年実施した、「高遮音界壁」「遮音配水管」の採用とともに、「ノンサウンドシステム」として、アパート商品の防音性能の向上を、高いレベルで実現します。


■重量衝撃音・軽量衝撃音とも最大1/3に減少
床の衝撃音は、足音などで生じる低音の「重量衝撃音(LH)」と、スプーンなどを落としたときに生じる高音の騒音「軽量衝撃音(LL)」が基準です。この度、レオパレス21が開発した遮音床「ノンサウンドフロア-V」は、重量衝撃音性能においてLH-55以上、軽量衝撃音性能LL-40以上を達成。木造賃貸住宅で業界最高水準となります。現状ランクと比較して3ランクアップし、聞こえる音は軽量衝撃音・重量衝撃音とも1/3まで減少します。
また、すべてのアパートの標準仕様となる遮音床「ノンサウンドフロア」でも、重量衝撃音性能においてLH-60以上、軽量衝撃音性能がLL-40以上を達成。現状ランクより2ランクアップし、聞こえる音は軽量衝撃音、重量衝撃音とも1/2に減少します。

L値とは・・・床衝撃音に対する遮音性能(上階から下階への衝撃音の伝わりにくさ)を表す単位。重量衝撃音(LH)と軽量衝撃音(LL)があり、数値が小さいほど遮音効果が高い。


■「防振吊り木」や「振動吸収のダンパー」で遮音性能を向上
「ノンサウンドフロア」は、現商品でも採用している「遮音フローリング」に加えて、強化石こうボード(t=12.5)、ALC板(t=35)の採用のほか、防振吊り木と高減衰ゴムを使用し、上階から下の階に伝わる音や振動を軽減させています。安全面にも配慮し、独自の落下防止機能を備え、床から天井面への衝撃低減を実現しました。
高性能な「ノンサウンドフロア-V」ではさらに、振動吸収のダンパー、遮音シートを追加し、更なる遮音性能を実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング