ファーウェイ、NFVオープン・ラボの設置を発表

PR TIMES / 2014年12月10日 10時20分

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は11月24日、NFV(Network Function Virtualization:ネットワーク機能仮想化)技術に関するオープン・ラボを、中国、ドイツ、米国の3か所に設置することを発表しました。このNFVオープン・ラボは世界各国の通信事業者やパートナーに公開されており、NFV/SDN(Software Defined Networking:ソフトウェア定義ネットワーク)技術やクラウド・コンピューティング技術に対応したグローバルな通信ネットワークの実現に向けてイノベーションを加速し、業界のさらなる連携を進めることを目標としています。同ラボでは、NFVソリューションとキャリア・グレードの通信インフラが、NFVの新たな標準規格や OPNFV(Open Platform for NFV)によるオープンソースNFVリファレンス・プラットフォームと整合性を持ったものとなるよう保証する環境を提供します。

NFVオープン・ラボは、通信ネットワークにおけるNFV/SDN技術とクラウド技術の統合や試験、技術展示、認証に注力し、NFVという新市場の発展に貢献することを目指します。ファーウェイは同ラボの設置を通じ、グローバルな通信業界で優れたサービスを実現するため、NFVに関わる世界各地の企業・団体との協業を積極的に推進していきます。


ファーウェイは、NFVを今後のネットワーク・アーキテクチャの中核となる技術と位置づけています。NFVは、レガシーな通信ネットワークを孤立させることを防ぎ、イノベーション・サイクルを短縮し、ネットワーク運用コストを削減するとともに、よりオープンな産業チェーンを創出します。こうした付加価値の実現には、技術のオープンな標準化プロセスとオープンソースのクラウド関連技術が必要です。2012年11月にはETSI NFV ISG (Industry Specification Group )1.0によってNFV技術の標準規格が策定され、今後はOPNFV NFV 2.0が一元化されたキャリアグレードのオープンソースNFVリファレンス・プラットフォームの構築に重点項目として取り組んでいく予定です。OPNFVの創設メンバーであり、ETSI NFV ISGの主要メンバーでもあるファーウェイは、OPNFVのプラットフォームを活用することで市場成長と商用化が進展し、標準規格とオープンソースを基盤とするNFVソリューションの産業チェーンが構築されると確信しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング