1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

潤うから崩れない、肌のトップコート。暑い時期のベースメイクを冷感ジェルおしろいで心地よくクールダウン!「カバーマーク モイスチュアコート ジェル」の使用で肌温度がマイナス3℃(※1)に。

PR TIMES / 2021年7月20日 13時45分

カバーマーク株式会社 (所在地:大阪府大阪市北区)は、2019年10月18日に発売したジェルおしろい「モイスチュアコート ジェル」は、以前の使用感満足度調査(※2)において、使用感満足度は80%と高く、中でも「乾燥を感じない」項目において、前に使用していたおしろいと比較すると、ジェルおしろいのほうが約8倍(※2)評価が高いという結果がでており、好評いただいてきました。
今回、暑い時期にご使用いただいたお客様から「ひんやり心地よい」といった使用感への声が多かったことから、塗布時の肌の温度変化を実験しました。その結果、「モイスチュアコート ジェル」は、塗布すると肌温度がマイナス3℃(※1)になることがわかりました。




[画像: https://prtimes.jp/i/21365/50/resize/d21365-50-70d66509ad3db157e161-1.jpg ]


<マイナス3℃(※1)の冷感ジェルおしろい>
今年の夏は暑さが長引くと予想されています。紫外線やエアコンによる肌の乾燥だけでなく、マスクの摩擦によっても肌は乾燥を引き起こされ、実は夏の肌はダメージを受けやすい状態。ベースメイクも崩れやすく、夏こそ乾燥から肌を守るアイテムを選ぶことが重要です。
カバーマークが提案するのは、ファンデーションはもちろん、BBやCCクリーム、化粧下地で仕上げた後、潤いでコーティングすること。仕上げ用のおしろいによってベースメイクの持ちは格段に上がりますが、サラサラのおしろいは長時間塗布すると夕方には乾燥したり、ツヤが失われることも。仕上げたベースメイクを崩さず、夏の暑い時期もマイナス3℃(※1)のひんやり感で快適に塗布できる“ジェルおしろい”がおすすめです。
ベースメイクを水分80%のジェルでラッピングして、擦れや摩擦に強く、化粧崩れしにくい独自処方を採用。  夏こそ取り入れたいベースメイク仕上げ用トップコートです。

※1.2021年6月 モイスチュアコート ジェルを塗布し、顔表面の温度(小鼻の横、黒目の真下の垂直交点)を測定。
※2.2020年3月 モイスチュアコート ジェル購入者アンケート N=311名


ジェルおしろいが夏におすすめの理由

・ジェル状のおしろいで、暑い時期も冷んやり心地よく、ベースメイクの仕上げに肌をマイナス3℃(※1)クールダウン。
・水分80%で、エアコンや紫外線による乾燥から肌を守る。
・最後の仕上げに潤いヴェールでコートするからベースメイクの持ちが良く、UV下地などの効果が持続。
・夏のマスク時もベースメイクが転着しにくい。

愛用者の声

・つけた瞬間冷たくてリフレッシュできる!サラサラが持続して気持ちいい。(20代)
・マスクに着きにくく、擦れてUV効果が剥がれないのがこの時期嬉しい!(20代)
・ひんやりした使い心地なので暑くなってきても使いやすい。(30代)
・ヨレたりマスクにメイクがうつりにくい。 ひんやりして気持ちがよく、日中も乾燥が気にならない!(30代)
・自然なツヤ感のある仕上がり。化粧持ちも良かった!(30代)
・まずつけた時のひんやり感が凄い!そして想像以上のメイク持ち!(40代)

製品概要

製品名:カバーマーク モイスチュアコート ジェル
容量:35g
価格:5,000円(税抜) 5,500円(税込)
取扱店:全国百貨店、WEBにて発売中
ご使用方法:ファンデーションを塗布した後、仕上げとしてお使いください。
どんなタイプのファンデーション、BB、CC(※3)の上からでもお使いいただけます。
※3.カバーマーク製品にて処方開発時に確認済み。

使い方

<使用順序>
化粧下地⇒ファンデーション⇒チーク、ハイライト⇒モイスチュアコート ジェル
<使用方法>
1.ジェルを押し出します。軽くワンプッシュで半顔量です。ムラなく、きれいに仕上げるために、半顔ずつ   ご使用ください。
2.パフにジェルをなじませます。容器の上でパフをくるくるとさせながら、ジェルの固まりがパフに残らないように、しっかりとなじませてください。
3.半顔ずつ軽くトントンと押さえるようになじませます。パフを強く押し付けたり、横にこすったりしないで
ください。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=-AAThec1aKA ]




製品技術

独自技術「ウォーターフィルム」について
1.<オイルコートアクア>による、均一な水系成分の塗膜。
ファンデーションの上から塗布するため、油と水の両方にも馴染みやすい植物由来成分<オイルコートアクア>を配合。専用のパフでタッピングすることにより、油膜と水系成分の間に整列し、均一な水系成分の塗膜を形成します。
2.<マイクロエマルション>による網目状のヴェールの形成。
網目状の成分を抱え込んだ粒子をカプセル化した<マイクロエマルション粒子>を配合。
肌にのせるとカプセルがほどけて、粒子内の網目状の成分が結合。
ネット状のヴェールとなり、均一に肌に密着します。
3.光を正反射、みずみずしいツヤ感を実現。
ウォーターフィルムにより、光が正反射し、みずみずしく美しいツヤ感のある仕上がりに。べたつかず、朝のつけたての仕上がりが 続きます。
4.水分蒸散を防ぎ、保湿成分により乾燥から肌を守る。
ウォーターフィルムが肌の水分蒸散を防ぎ、セラミド(保湿成分)配合により潤いを与えます。

製品特長

1.一日中、美しい仕上がりが続く。
網目状のヴェールにより、表情の動きにもぴたりとフィット。トップコート効果で、時間がたってもヨレたり、はがれたりすることなく、夕方になっても美しいツヤのある仕上がりが続きます。

2.メイクアップの仕上げに水分80%の潤いチャージ。乾燥知らずの肌に。
水分80%のジェルなので、心地よい使い心地。「ウォーターフィルム」が水分蒸散を防ぎ、エアコンなどによる外的環境が原因の乾燥から肌を守ります。また、セラミド(細胞間脂質・保湿成分)配合で、ファンデーションの仕上げに潤いをチャージ。マスクをつけて肌が乾燥しやすいときも、朝つけたての潤いが長時間持続します。

3.つるんとしたみずみずしい仕上がり。
肌上で薄い均一なヴェールにより、水鏡のように光を反射し、拡散反射をおさえて、きれいに正反射する上品なツヤのある肌に。内側からにじみでるようなみずみずしいツヤと、つるんとした仕上がりへ。

関連URL

カバーマーク 公式ブランドサイト  https://www.covermark.co.jp/shop/default.aspx
モイスチュアコート ジェル 製品紹介ページ  https://www.covermark.co.jp/campaign/1910gelec/index.html
                                           

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング