DIYなどで使用する電動工具の蓄電池が実は災害時にも便利 HiKOKIの「マルチボルト蓄電池」

PR TIMES / 2020年6月29日 11時40分

マルチボルトで使える災害時に役立つ製品をご紹介

 梅雨の季節は、大雨による土砂災害や洪水など、自然災害が多発する時期です。災害など緊急時への備えとして、スマートフォンなどの充電に欠かせないモバイルバッテリーなどが重要なアイテムになります。

 電動工具・理化学機器を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)が展開する電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」では、様々なリチウムイオン蓄電池を展開しています。DIYや建設現場などで使う電動工具に使用するバッテリーですが、実は災害時に役立つ製品にも使える汎用性の高い蓄電池です。特に、当社独自開発のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」は18Vと36Vの互換性※1があり、1つあるだけで様々な電動工具にも使いまわしができて便利です。
※1 一部ご使用いただけない製品があります。

 今回は、電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」から、「マルチボルト蓄電池」などの蓄電池が使用できて、災害時にも役立つ製品をご紹介します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43886/50/resize/d43886-50-778580-0.jpg ]



停電時や災害時の非常電源に


[画像2: https://prtimes.jp/i/43886/50/resize/d43886-50-337835-1.jpg ]

■USBアダプタ BSL 18UA
 本体に「マルチボルト蓄電池」などの蓄電池をセットすると、USB端子からスマートフォンなどのUSB接続機器の充電ができます。マルチボルト蓄電池の満充電で、スマートフォン20回以上の充電が可能です※2。
※2 マルチボルト蓄電池「BSL 36A18B」使用時。スマートフォンの電流:3.1Ahの場合。充電回数は、周囲温度や蓄電池の状態により少なくなるときがあります。USBケーブルはついていません。

[画像3: https://prtimes.jp/i/43886/50/resize/d43886-50-724937-2.jpg ]

■急速充電器 UC 18YDL2
 「マルチボルト蓄電池」など※3の充電器ですが、USB端子がついているので、蓄電池をセットすると、充電器本体からスマートフォンなどのUSB接続機器を充電することができます※4。停電時や災害時の非常電源として便利です。
※3 「マルチボルト蓄電池」のほか、リチウムイオン電池14.4 V (BSL 14xxシリーズ)、リチウムイオン電池18 V (BSL 18xxシリーズ)に対応。
※4 充電には市販のUSBケーブルが必要です。


夜間の停電時に


[画像4: https://prtimes.jp/i/43886/50/resize/d43886-50-879702-3.png ]

■コードレスサーチライト UB 18DA
 「マルチボルト蓄電池」に対応したコードレスサーチライトです。夜間の停電時に便利です。遠距離まで照らすメインLEDライトと、近距離を均一に照らすサブLEDライトでシーンに合わせて照射モードを4種類から選べます。ワイド(ECO)モードであれば、約22時間連続で使用することができます※5。
※5 蓄電池「BSL 1860」使用時。連続点灯時間は満充電の蓄電池を使用し、消灯するまでの時間です。数値は参考値です。連続点灯時間は、畜電池の使用頻度、容量のばらつき、周辺温度等で差が生じます。
* 製品URL: https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-other/ub18da/ub18da.html


停電など非常事態の情報収集に


[画像5: https://prtimes.jp/i/43886/50/resize/d43886-50-927193-4.jpg ]

■コードレスラジオ付テレビ UR 18DSML
 「マルチボルト蓄電池」などのリチウムイオン電池に対応し、テレビとラジオの視聴が可能な製品です。コードレスなので、電源環境に左右されず使用でき、停電など非常事態時の情報収集に活用できます。
 テレビ機能では、デジタルテレビチューナー搭載で高画質な地上デジタル放送を視聴でき、受信状況によりフルセグとワンセグを自動で切替えます。1充電当たりで、映画約2本分、ドラマ(1時間)約5話分の連続使用が可能です※6。ラジオ機能では、ワイドFMに対応し、90MHz超のFM波を受信できるため、多くのAM放送をクリアな音で楽しむことができます。
 また、標準付属の「ACアダプタ」を使用すれば、AC製品(コード付き製品)としても利用でき、家の中で電池切れを気にせずに使用できます。
※6 条件:3.0Ah、18V使用時、TV受信、音量10、EQ設定(Bass5/Treble5)、バックライト設定5。数値は参考値です。連続使用時間は、使用環境や蓄電池の状態により短くなる場合があります。
*製品URL: https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-other/ur18dsml/ur18dsml.html


<ご参考>
マルチボルト蓄電池について
 2017年8月に誕生した当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」は、大容量と高出力によりAC100Vの電動工具に匹敵するパワフルさを実現しており、これまでコードレス工具で同時に兼ね備えることが困難とされてきた課題「ハンディかつパワフル」を実現する製品です。さらに、18Vと36Vの互換性があり※1、当該電池を電動工具本体に装着するだけで自動的に電圧を切り替える(36V⇔18V)ことができる画期的な新技術を導入しています。「マルチボルト蓄電池(36V⇔18V)」に対応するマルチボルトシリーズは、現在116モデル※7揃っています。
※7 2020年5月時点。36V製品群42モデル、工具・サポートツールなどの18V製品群74モデル、合計116モデル。

マルチボルト蓄電池にBluetooth(R)機能がついてさらに進化!
 2020年6月9日(火)にBluetooth(R)機能付の「マルチボルト蓄電池 BSL 36A18B」が誕生。集じん機に接続して利用する18V、36Vマルチボルトシリーズのコードレス工具であれば、当製品を装着するだけで簡単に集じん機と無線連動させることができます。これにより、工具への投資コストを抑えながら、より快適でクリーンな作業環境を整えることが可能となります。さらに、集じん機と連動し接続可能なマルチボルト製品は3⇒29機種に大幅に拡大します。無線連動させると、コードレス工具のスイッチON/OFF操作によって、集じん機が自動で運転・停止するため、より効率よく快適に作業ができるようになります。
[画像6: https://prtimes.jp/i/43886/50/resize/d43886-50-305798-5.jpg ]

*マルチボルト蓄電池 BSL 36A18Bについては下記リリースをご参照ください
  https://www.koki-holdings.co.jp/ir/newsrelease/2020/20200609.pdf
Bluetooth(R)とそのロゴマークはBluetooth SIG,INC.の商標です。


HiKOKIニュース
 最新の電動工具を一同に展示するイベントを全国の販売店やホームセンターで行います。新製品の実演を行っていたり、来店者特典や購入特典などをご用意している展示会もあります。この機会にぜひHiKOKI製品で極上の体験をお試しください。

■シマコーポレーション 尼崎店 (兵庫県尼崎市西長洲町2丁目1番40号)
開催日時:2020年07月08日 (水)  16:00~19:30
※恒例の初夏の展示会。マルチボルトシリーズが特にお買い得で、セット品の購入特典をご用意しています。

■株式会社斎藤商会 いわき営業所 店舗特設展示場 (福島県いわき市平正内町57)
開催日時:2020年07月11日 (土) 09:00~17:00、2020年07月12日 (日) 09:00~17:00
※マルチボルトシリーズの実演を行います。また、新製品を多数展示します。さらに、ご来場されたお客様へ記念品をプレゼントいたします。

■松永金物 店頭特設会場 (岩手県奥州市水沢花園町2丁目5-18)
開催日時:2020年07月11日 (土)  09:00~18:00、2020年07月12日 (日)  09:00~17:00
※来場記念品をご用意しております。

詳細は下記をご確認ください。 http://event-org.hikoki-powertools.jp/?_ga=2.145922804.1339579105.1592789237-1857734663.1588315312


工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群および超遠心機などの理化学機器を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング