アルテラ、機能安全データ・パッケージ最新版を提供開始~産業用アプリケーションの開発期間を短縮し、認証リスクを低減~

PR TIMES / 2012年11月8日 12時26分

・上海三菱电梯有限公司の大型プロジェクトに採用。
信頼性の高い事前認証された開発プロセスの提供により、市場投入期間に寄与
プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長: ジョン・デイナ、日本法人: 東京都新宿区、代表取締役社長: 日隈 寛和、NASDAQ: ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間11月7日(日本時間:11月8日)、オートモーティブ、インダストリアル、医療、および防衛アプリケーション向けの、最新版セーフティ・データ・パッケージの出荷開始を発表しました。

アルテラの「2012年版ファンクショナル・セーフティ・データ・パッケージ」は、対象デバイスの追加、およびソフトウェア・サポートの拡張が施されたことで、機能安全が不可欠であるデザインをお客様が開発する際に、Cyclone(R) IV FPGAを使ってリスクを低減し、最新の安全規制に遵守できるようになります。この最新版ファンクショナル・セーフティ・データ・パッケージは、お客様による認証プロセスの迅速化を支援し、お客様の開発期間の大幅な短縮を可能とするものです。

アルテラは、安全および品質の独立系テスト機関として世界的に認められている TÜV Rheinland Group と協力し、当パッケージで、アルテラの Cyclone IV FPGA の認証、Safety Integrity Level 3 (SIL3) にデザインを遵守させるために必要なセーフティ・デザイン・フロー、IP、および開発ツールを提供します。システム・デザイナは、この事前テスト済みパッケージを活用することで、認証プロセスを簡素化し、全体的なデザイン・コストを削減しながら、世界中の IEC61508 標準に自社製品を遵守させることができるようになります。

中国の上海三菱电梯有限公司はこのほど、アルテラのファンクショナル・セーフティ・データ・パッケージを最新型エレベーターおよび動く歩道に採用しました。同社では、最近、中国で義務化されたエスカレーター用の安全認証プロセスである GB16899 規格に遵守する必要がありました。アルテラのファンクショナル・セーフティ・データ・パッケージは、上海三菱电梯有限公司社の開発および認定サイクルを飛躍的に短縮し、早期市場投入を可能とし、信頼性も高く、あらかじめ認証を受けた開発プロセスを提供いたしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング