期間中125,989人の来場者を記録! グアム政府観光局「JATA 旅博 2012」ブース 大盛況のうちに終幕

PR TIMES / 2012年10月3日 12時47分



グアム政府観光局は、9月21日(金)から開催されていた日本旅行業協会(JATA)が主催する「JATA旅博2012」に出展し、9月23日(日)に無事盛況のうちに閉幕致しました。

初日は、オープニングセレモニーでの鏡割りにグアム代表団のレイ・テノリオ副知事が出席し、世界各国の旅行関係者と共に旅博の開幕を祝いました。初日は、プレス・旅行業界関係者向けの公開日であったものの、39,043 人の来場者を記録、グアムブースにも多くの関係者が訪れ、出展社の方々と活発なコミュニケーションを交わしました。

22日からの一般公開の2日間では、会場には86,946人のお客様が来場、グアムブースも一層の賑わいをみせていました。ブース内特設ステージでは例年通り華やかなステージが開催され、多くの来場者にお集まりいただきました。
毎年恒例の「ハファデイ・チャモロダンス・ショー」や「グアム早わかりクイズ」、「チャモロ工芸教室」、「グアムの公用語チャモロ語を話そう!」などのプログラムも大盛況に終わり、大人からお子様までお楽しみ頂きました。
その他、ステージではミスグアムおよび100キロ超級柔道オリンピックグアム代表との記念撮影会の ほか、グアムのウェディングやショッピングなどのプレゼンテーションも行われ、グアムの魅力を多くの来場者にお伝えしました。

また、今年のメインステージでのプログラムでは、一般公開日初日に、水着ブランド三愛とのコラボレーション10周年を記念して、『三愛×グアム政府観光局プレミアムショー』を開催いたしました。モデルでタレントの宮原華音さんが1年間務めた「2012年三愛水着イメージガール」の卒業記念水着ショーのほか、トークショーも開催され、会場は大いに賑わいを見せていました。2日目には、「グアムチャモロダンスアカデミー」の発表会を実施しました。これは、2010年より一般向けに東京・大阪で開催しているグアムの伝統的な踊り“チャモロダンス”をグアムで唯一のチャモロダンスマスターがレクチャーする「グアムチャモロダンスアカデミー」の、JATA旅博会期中に行われた特別レッスンの発表会です。

今年は、「JATA 旅博 2012」期間中の来場者は3日間を通じて125,989名となり、大盛況のうちに幕を閉じました。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング