ドライバー アシスタンス システムの主要なコンポーネント ボッシュが100万台目のレーダーセンサーを生産

PR TIMES / 2013年5月24日 10時54分

・ドライバー アシスタンス システムが急成長

・ドライバーアシスタンスに必要なあらゆる能力を備えたボッシュ

・レーダーセンサーの大幅な性能向上と生産コストの削減

・ボッシュはパワフルな77 GHzの周波数帯をレーダーセンサー用に使用



自動車の運転時に最も注意を向ける必要があるのは、前方車両との距離やその走行速度など、車両の前方です。人間は危険を予測することしかできませんが、レーダーは1秒間に約20回、極めて精密に測定します。そしてこれこそが、レーダーが数々のパワフルなアシスタンスシステムのベースとされる理由となっています。レーダーを使用したシステムは、予め選択された前方走行車との距離を自動的に維持し、危機的な状況に陥ると、警告を発して自発的にブレーキを作動させます。本稿の執筆時、ボッシュはシュトゥットガルトの近くにあるロイトリンゲンで、100万台目にあたる77 GHzのレーダーセンサーを生産中です。レーダーセンサーの生産は2000年に始まり、長い間小規模にとどまっていましたが、現在は急速な成長を遂げつつあります。100万台目が生産されるまでに13年を要したのに比べ、次の200万台目までは1年強しかかからないとも見込まれています。「ドライバーアシスタンス市場は今後数年、急成長が見込めるでしょう。ボッシュは、来る2016年に1,000万台目のレーダーセンサーを出荷する見込みです」と、ボッシュ取締役会メンバーであるヴォルフヘニング・シャイダー(Wolf-Henning Scheider)は、自身が統括するセクターの動向についてこのように述べました。


ふた桁成長が続くドラーバーアシスタンス市場

自動車メーカーは、競合優位を保つ手段としてさまざまなドライバーアシスタンス機能を導入しており、その数は増える一方です。この成長のさらに大きな牽引要因として、 ユーロNCAPが導入を予定している格付け制度があります。5つ星を獲得するには、2014年から1つ以上のドライバー アシスタンス システムを搭載する必要があり、2016年以降は歩行者の包括的な安全を確保するための装備が義務付けられます。もちろん、センサーが搭載されていれば、車線を検知するカメラで道路標識を記録するといった、その他の多くの機能を提供できます。このような機能によって、運転は今後ますます安全で快適なものとなるでしょう。「ドラーバーアシスタンス市場は今後数年にわたり、20%以上の年間成長率を示すと予測されます」(シャイダー)。


ボッシュが総合的なシステム競争力を提供

パワフルなアシスタンス システムの実現には、さまざまな車載システムの総合的な統合が必要となります。アシスタンス システムは、さまざまなセンサーからのデータをまとめて、車両の周辺状況に関する統合マップを作成し、このマップに基づいて計算された制御をエンジンやブレーキ、ステアリングが実行します。シャシーシステム・コントロール事業部長を務めるGerhard Steigerはこう述べます。「テクノロジーとサービスのサプライヤーであるボッシュは、単に優れたシステム競争力を持っているだけでなく、ドライバーアシスタンスに関して必要となるあらゆる能力を自社で備えているのです」

ボッシュは今後も新しいテクノロジーと新しい機能を取り入れ、この分野にさらに注力していきます。その一環として、パワフルなだけでなく、よりコンパクトになり、価格も大幅に抑えた新しい中距離レーダーセンサーの量産を間もなく開始する予定です。このセンサーには、車両の前方用と後方用の仕様が用意されているほか、2014年には、最大50mまでの距離を測定可能なステレオビデオセンサーの生産が開始される予定です。これにより、初めて1台のセンサーで歩行者の安全性を向上させる自動緊急ブレーキが可能になります。将来的には、車両の操作により大きな役割を担う新しい機能が登場することになるでしょう。たとえば、超音波センサーを利用して、ドライバーが車外に居る状態でも完全に自動で駐車したり、高速道路の狭い工事区域を通り抜けられたりというようなことです。「イノベーションの1つひとつが、私たちを事故のない、自動運転の実現に少しずつ導いていくのです」(Steiger)。運転の自動化は、最初のうちは高速道路に限られ、ゆっくりと進化していくと思われます。まず2014年に、主にボッシュが開発を手掛けた渋滞アシスタントが利用できるようになります。この機能は、ドライバーの監視下ではありますが、低速走行時には完全な自動運転を行います。その後も、アシスタントシステムによる高速道路での自動走行のレベルはさらに進化し、走行速度も増して、最終的には高速道路の入口から出口まですべての運転操作をハイウェイパイロットが自動で行うレベルにまで達するようになるでしょう。Steigerはこう確信しています。「完全自動走行は、多くの小さなステップを経て実現するのです」


レーダーセンサーの総合的なポートフォリオ

ボッシュは、第1世代のレーダーセンサーの量産開始当初から、このテクノロジーの改良に精力を傾けてきました。その成果もあって、第2世代は種類も視野角も倍増しました。第3世代にして現行量産モデルのLRR3長距離レーダーセンサーは、視野角が30度とより広く、検知可能距離も最大250mに向上しています。また、ボッシュのこのセンサーの高周波モジュールは初めてシリコンゲルマニウムテクノロジーを採用した製品で、それによって生産コストを大幅に削減しています。レーダーコンポーネントエンジニアリング部門長のBernhard Lucasはこう述べます。「世代ごとに、懸命な努力に よってコストを半分に、性能を2倍に広げてきました」
中距離レーダーセンサーは、間もなく量産体制に入る予定です。この製品は、視野角45度、検知可能距離は最大160mで、すべての緊急ブレーキ機能とともに、最大150km/hのアダプティブ クルーズ コントロールを搭載でき、世界中のほとんどの国に対応しています。また、車両後方に搭載するレーダーセンサーの生産は2014年に開始される予定です。この製品があれば、後方から高速で接近する車両をいち早く検知できるだけでなく、車線変更時の衝突警報も行えるようになります。しかも、視野角も150度と、検知領域もかなり広くなっています。

ボッシュのすべてのレーダーセンサーは、77GHzの周波数帯を利用しています。77GHzバージョンは24GHzに比べて、あらゆる点においてパワフルで、オブジェクト分離性能は最大3倍、車速と距離の測定は3倍から5倍の精度を誇ります。この高周波数帯は、恒久的に自動車用途に割り当てられているため、国際的な車両プラット フォームとしても特に適しています。


YouTube(動画)

Bosch predictive emergency braking system(衝突予知緊急ブレーキシステム)
http://www.youtube.com/watch?v=fhLzFt3EYPY


Bosch Adaptive Cruise Control(ボッシュアダプティブクルーズコントロール)
http://www.youtube.com/watch?v=own_VaRZ9M8

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング