これからの幼児教育の形を考え、体感する “クリエイティブ・ワークショップイベント” 東京大学が“遊びと学びの公園”に!「エポンテパーク」開催!2015年3月7日(土)@東京大学本郷キャンパス

PR TIMES / 2015年2月25日 12時2分



 シヤチハタ株式会社※1(代表取締役社長 舟橋正剛 本社:愛知県名古屋市)は、この度、発達心理学から生まれた知育スタンプ「エポンテ」を通じて、これからの幼児教育の形を考える「エポンテパーク」を、2015年3月7日(土)に東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール シアター・スタジオにて開催※2します。
※1 社名表記は「シャチハタ」ではなく「シヤチハタ」です。
※2 主催はNPO法人CANVAS、協賛はシヤチハタ株式会社です。

 「エポンテ」は、あそびを通じて想像性・創造性を育む事を目指し、発達心理学の権威である内田伸子先生監修のもと開発した、3才からあそべる知育スタンプです。発達心理学の考えにのっとり、手があまり発達していない3才~5才の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発しました。
 「エポンテパーク」は、これからの幼児教育の形を参加者と一緒に考えることを目指した“クリエイティブ・ワークショップイベント”です。当日は、親子で「エポンテ」を使って取り組む自由制作型ワークショップや、発達心理学の権威である内田伸子先生をお招きした講演会など、子どもと一緒に遊びながらこれからの幼児教育の形について学び考えることができる、様々なアクティビティを行います。
 中でも発達心理学者である内田伸子先生による子育て講演会「子どもの創造的想像力を育む親の役割~どの子も伸ばす共有型しつけのススメ~」では、「学力」と「創造力・想像力」の関係性や、しつけスタイルによるこどもの言語・認知発達の影響など、発達心理学の観点から子供の発達について学ぶことができる講演となっております。

[画像1: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-465169-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-121001-6.jpg ]



●「エポンテパーク」イベント概要
■実施日時 : 2015年3月7日(土) 10:30~17:00
■会場   : 東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール シアター・スタジオ
■内容   : 1.ワークショップ 2.講演
■対象   : 1.主に3才~小学生低学年とその保護者
2.保護者、保育関係にお勤めの方、一般の方
■時間   : 1.10:30~17:00
2.14:00~15:40
■参加費  : 無料
■参加方法 : 1.随時参加形式/事前予約不要
2.当日、直接会場へお越し下さい。
※会場の定員を超えるご参加をいただいた場合は入場制限を設ける場合があります。
                                                                   
【「エポンテパーク」の目的】                    
[画像3: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-187771-1.jpg ]

               
 シヤチハタは、今回のイベントを、「エポンテ」の販促企画に留めず、日本における幼児教育の未来についてもお客様と一緒に向き合っていくきっかけにしたいと考えています。
 インターネットやスマートフォンの普及によって、今や育児も“スマホがやってくれる”時代になり、親子のコミュニケーションが希薄化しつつあります。ある調査※3では、3~6歳の幼児期の子どもを持つ親のうち8割が「子どもと遊ぶ時間は1日1時間を切る」と回答しており、そのうち約6割の親が、子どもと過ごす時間をもっと増やしたいと感じています。
コミュニケーションをネットでとることが増え、人と人との“距離”が変化しつつある今の時代、子どもとのコミュニケーションの取り方も少しずつ変化しつつあるのではないでしょうか。
 エポンテは、そんな今の世の中において“あそび”のもつ本質的な価値を見つめなおし、“あそび”を通じた親子コミュニケーション、子どもの発達への影響、ひいては子どもたちの“あそび”の未来を、今一度皆様と一緒に考えなおすきっかけを作って行きたいと考えています。
※3 出典:『プレイフルラーニング~幼児の「遊びと学び」プロジェクト』実施意識調査

【発達心理学から生まれた知育スタンプ「エポンテ」とは?】
[画像4: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-113162-2.jpg ]

想像力・創造力を育む“クリエイティブ・イマジネーション・トイ”
「エポンテ」は、あそびを通じて想像性・創造性を育む事を目指し、発達心理学の権威である内田伸子先生監修のもと開発した、3才からあそべる知育スタンプ。発達心理学の領域では、3才~5才の時期に想像力・創造力を育む刺激を受けることは、知識づくりにも影響することが分かっています※4。さらに、スタンプは手があまり発達していない時期でも頭の中のイメージを表現しやすいため、想像力や創造力を豊かにする手助けになると期待されています。

「エポンテ」は、そんな発達心理学の考えにのっとり、手があまり発達していない3才~5才の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発しました。
※4 出典:内田伸子・浜野隆(編著)『世界の子育て格差‐子ども貧困は超えられるか』金子書房 2012年

【 NPO法人CANVAS】
子どもたちの創造力・表現力をはぐくむワークショップを全国で展開する NPO。さまざまなアーティストや専門家とプログラムを企画開発し、美術館、博物館、学校、大学、保育園、幼稚園など、さまざまなスペースで、ワークショップを展開。(公式サイト: http://canvas.ws/

【子育て講演会 登壇者プロフィール】

[画像5: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-476448-3.jpg ]

内田伸子先生
発達心理学者。お茶の水女子大学名誉教授。
お茶の水女子大学大学院修了。学術博士。
専攻は発達心理学、認知心理学。
主な著書に『世界の子育て格差―子どもの貧困は超えられるか』(金子書房)
『お母さん知っていますか?子どもの「つまずき」には理由がある!』(PHP研究所)『子育てに「もう遅い」はありません』(冨山房インターナショナル)など。

講演テーマ:
「子どもの創造的想像力を育む親の役割~どの子も伸ばす共有型しつけのススメ~」14:00~15:40 @福武ラーニングシアター
エポンテを監修している発達心理学の権威、お茶の水女子大学名誉教授・内田伸子先生が、子どもにとっての「遊びと学び」について講演します。日頃の子育てや幼稚園での保育に役立つ情報が満載です。保護者の方はもちろんのこと、保育関係にお勤めの方など、どなたでも予約なしで気軽に参加いただけます。この貴重な機会に、みなさま奮ってご参加ください。

【当日のコンテンツご案内(一部)】
・エポンテ×ファッション
鞄やブローチ、帽子、洋服など、エポンテを使ってオリジナルなファッションアイテムを制作します。

[画像6: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-262973-4.jpg ]

・エポンテ×想像的・創造的アイデア
紙芝居やカレンダー、すごろくや紙相撲など、エポンテを使って楽しくかわいいオリジナルな玩具を制作します。

[画像7: http://prtimes.jp/i/5556/51/resize/d5556-51-220906-5.jpg ]

【エポンテパーク特設サイト】
http://www.shachihata.co.jp/eponte/epontepark.html
●シヤチハタについて
http://www.shachihata.co.jp

<商品に関するお問い合わせ>
シヤチハタお客様相談室
TEL:052-523-6935

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング