アウトドア・ウォーカーのバイブル 幻の名著『遊歩大全』をヤマケイ文庫で復刻

PR TIMES / 2012年12月7日 11時52分



インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、アメリカのバックパッキングを日本に紹介し「バックパッカーのバイブル」といわれた『遊歩大全』をヤマケイ文庫で復刻いたします。

1978 年刊行の『遊歩大全』は、アメリカのバックパッキングを日本に紹介し、「バックパッカーのバイブル」と言われた名著。アウトドア・ファンの間では幻の書物となっています。

『遊歩大全』の原著は“The New Complete Walker”。著者コリン・フレッチャーは、カリフォルニア・ウォーク、グランド・キャニオン・ウォークなどの長距離徒歩旅行を通し、人と自然の共生を訴えたバックパッキングの精神的ゴッドファーザーと言われる存在です。エコロジーや人類存在の在り方へと思索を巡らす姿勢は、70年代、ベトナム戦争で疲弊したアメリカの若者たちの心を捉え、新しいライフスタイルを生み出しました。

1968年、コリン・フレッチャーは、自らの経験をもとにウィルダネスを歩くための百科事典とも言える大著“The Complete Walker”を発刊、膨大な用具や技術解説で世を驚かせました。“The New Complete Walker”は第2版で1974年刊、これを『遊歩大全』(1978年/森林書房・山と溪谷社)として紹介したのが、アウトドア文化の伝道者・芦沢一洋です。発刊当時は、入門書・用具カタログとして大反響を呼びましたが、若者たちの心を捉えたのは、ウィルダネスを歩き、夜を過ごし、大自然を素肌に感じながら生きる精神でした。

本書は当時のアウトドアやバックパッキングの思潮を知るための文献として貴重なだけでなく、独自の自然観・世界観は現代に通じるところも多い。また,芦沢一洋がアウトドアに関する深い造詣をもって,コリン・フレッチャーの思想を紹介した名訳も,他にかえがたい価値をもちます。絶版後も幅広い年齢層から多くの復刊リクエストが寄せられており、アウトドアへのニューカマーにも一読をお勧めしたい一冊です。文庫化にあたっては,その価値を重んじ原本を忠実に復刻。976ページという圧倒的ボリュームは,コレクターズ・アイテムとしての魅力も充分です。


ヤマケイ文庫『遊歩大全』
■ 著者 コリン・フレッチャー
■ 訳者 芦沢一洋
■ 判型 文庫判
■ 頁数 976頁
■ 本体 2,200円
■ ISBN 978-4-635-04752-4 C0175
■ 発売日 12月7日

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング