第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ) 「応援ツアー」第二弾 東京発20コース

PR TIMES / 2013年2月26日 9時19分

3月下旬発売

「フィギュアスケート(男女シングル・ペア・アイスダンス他)」
「スピードスケート(男女個人・チームパシュート)」
「スキー(男女ジャンプ・男女フリースタイル、ノルディック複合他)」
「閉会式」「スノーボード」「バイアスロン」「ボブスレー女子」など




JTBグループの株式会社JTBコーポレートセールス(旧社名:株式会社JTB法人東京 東京都新宿区 代表取締役:川村 益之)は、ロシアのソチで開催される「第22回オリンピック冬季競技大会」の第二弾となる応援ツアー全20コースを3月下旬より発売します。

第二弾の応援ツアーでは、日本選手の活躍が期待されるフィギュアスケート男女シングル、スキージャンプ、スノーボードなどの他、世界中が注目する男子ノルディック複合など人気の高い種目を中心とした11競技を観戦するコースを企画しました。また、加えて閉会式観覧を含む2コースを設定しました。フィギュアスケート女子シングルのショートプログラムとフリーを観戦するコースなどの1競技集中的観戦コースに加え、スキーフリースタイルと女子ハーフパイプなど複数競技を観戦するコースを設定しました。
競技観戦チケットについては一部の競技、ボブスレーとスノーボード男女ハーフパイプ(Bカテゴリー)を除き、すべて最上位カテゴリー入場券(Aカテゴリー)を用意いたしました。

宿泊施設は氷上競技会場にアクセスの良いソチ・アドレル地区の「ヴェスナホテル」「ナジェージダホテル」、および雪上競技会場に近い「タチアナホテル」などを利用します。「ヴェスナホテル」内には、当社のツアーデスクを設置しお客様の滞在をサポートします。

 一部のコースではモスクワ観光を組み合わせ、世界遺産であるクレムリンや赤の広場の見学などをお楽しみいただく予定です。

当社では今後も顧客のニーズに合わせて、順次ツアーを発表していく予定です。

<ツアーの一例>
『閉会式+フィギュアスケート女子シングルショート・フリー、男女エキシビション応援コース』
日本選手のメダル獲得の期待が大きいフィギュアスケート女子シングルショートプログラムとフリー、そしてエキシビションでは男女両方の演技が観戦できます。またこのコースでは大会のラストを飾る華やかな閉会式についても最上位カテゴリー入場券(Aカテゴリー)にて観覧いただきます。
■ 出 発 日:2014年2月18日(火)予定
■ 入 場 券:Aカテゴリー
■ 募集人員:20名様

『フィギュアスケート男子シングルショート・フリー応援コース』
日本選手のメダル獲得の期待がかかる、人気の男子フィギュアスケートを応援します。このコースでは、男子フィギュアスケートシングルショートプログラムとフリーを通しで観戦いただけます。
■ 出 発 日:2014年2月12日(水)予定
■ 入 場 券:Aカテゴリー
■ 募集人員:20名様

『スキーノルディック複合男子個人・団体、クロスカントリー男女チームスプリント応援コース』
スキー競技の醍醐味であるノルディック複合は、迫力のラージヒルジャンプ、そしてクロスカントリーを応援します。またクロスカントリー男女チームスプリントは、個人の体力と精神力だけではなく、各国のチームワークが見どころです。
■ 出 発 日:2014年2月17日(月)予定
■ 入 場 券:Aカテゴリー
■ 募集人数:10名様


既に2013年2月8日付にて概要を発表している第一弾の応援ツアーについて、以下の通り旅行代金他詳細を2月25日15時にJTBスポーツデスクホームページにて発表いたします。


第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)応援ツアー第一弾
『開会式、フィギュアスケート団体応援ツアー』
世界中でも入場券入手が困難な開会式を観覧できる他、ソチオリンピックから新種目となるフィギュアスケート団体の全試合を観戦します。観覧席は、開会式・フィギュアスケート団体ともに最上位カテゴリー(Aカテゴリー)を用意しました。フィギュアスケート団体は、近年躍進がめざましい日本フィギュアスケート陣の活躍が大いに期待されます。
■ 旅行期間:2014年2月5日(水)~2月12日(水)<8日間>
■ 旅行代金:1,348,000円
(大人1名様/2名様1室利用、Aカテゴリー入場券込/燃油サーチャージ込)
■ 申込方法:抽選申込書を全国のJTB商品を取り扱いのお店に持参、または郵送、FAXにてご応募ください。
■ 抽選申込受付期間:2013年3月1日(金)~3月11日(月)
■ 当 選 者 発 表 :2013年3月21日(木)
*ツアーの詳細・抽選申込書はホームページ(URL: http://www.jtb.co.jp/sports/olympic)にてご確認の上、ダウンロードいただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング