ビートルズの歴史を体感できる再現コンサート「LET IT BE」全国ツアー開幕

PR TIMES / 2019年10月1日 20時40分

ビートルズ代表曲、ソロナンバー全約40曲の生演奏に熱狂!

イベントの企画・制作・運営を行う株式会社サンライズプロモーション東京(本社:東京都港区、代表:高橋 一仁)が招聘する「LET IT BE ~レット・イット・ビー~」の全国ツアーが、9月27日(金)に新宿文化センターで開幕しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/41063/51/resize/d41063-51-473885-0.jpg ]

 本公演は、2012年にビートルズのデビュー50周年を記念して作成されたトリビュート・ライブショーで、ビートルズの60年代の代表曲はもちろん、解散後のそれぞれのソロ・ナンバーも含め全約40曲を生演奏。ロンドン初演以降、世界中で100万人以上を動員。2014年、2015年、2018年に続き4回目の来日となる今年は、全国13都市を回ります。

 全国ツアー開幕に際して、音楽監督のダニエルよりコメントが到着しました。

●「LET IT BE ~レット・イット・ビー~」音楽監督:Daniel A Weiss●
1年ぶりに日本に戻ってこれて本当にうれしいよ。日本という国が大好きだし、オーディエンスも最高。だからこそ、また日本でツアーができることに対して本当にワクワクしてるんだ。
日本の「LIB」ファンのみなさん、僕たちのファンでいてくれてありがとう。
是非ショーにも遊びにきてね!!!会えることを楽しみにしてるよ。

●再現シーンを一部紹介!●
“武道館公演”

[画像2: https://prtimes.jp/i/41063/51/resize/d41063-51-156747-1.jpg ]

1966年6月から7月にかけて日本にやってきたビートルズの、武道館での歴史的コンサートを再現。選曲こそそのままではないものの、「深緑」のステージ衣装でステージに立ち、背後の「電光掲示板」の文字も“THE BEATLES”ではなく“LET IT BEとなっているなど、細部にこだわった見栄えが楽しい。

セットリスト:Help、Twist and Shout、他


“サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”

[画像3: https://prtimes.jp/i/41063/51/resize/d41063-51-618338-2.jpg ]

ライヴ活動をやめて、スタジオでのレコーディング・アーティストへと“転身”したビートルズが1967年に発表したアルバムの曲を中心に、サイケデリックな演奏が繰り広げられる。アルバム・ジャケット同様のミリタリー・ルックに身を包み、ひげを生やしてイメージを大幅に変えた4人――当時。ライヴでは再現不能と言われた彼らの新たな魅力を存分に伝える演奏が楽しめる。幻想的で色彩豊かな背後のスクリーンも効果的。

セットリスト:Penny Lane、Strawberry Fields、他

Photos by RYUYA AMAO


●藤本国彦(ビートルズ研究家)より●
まるで現役バンド。そんな錯覚を起こさせるほど、ビートルズの人気はいっこうに衰えを知らず、いまだに世界のあちこちに話題を提供し続けている。
 曲がよく、見た目もいい――ここまでは、魅力的な他のバンドも持ち合わせているものだが、彼らには、権威に屈しないイギリスならではのユーモアがある。「60年代」という時代を象徴する存在であることも重要だろう。何より、デビューから解散までの歴史を追っていくと、変わりゆくさまが刺激的で、4人を取り巻く多彩な登場人物を含めて「物語」としても実に面白い。
 さて、本題のレット・イット・ビーは、同時代にリヴァプールで出会い、「60年代」を象徴するグループだったビートルズの「現役時代」を、曲だけでなく、「見映え」や当時の時代背景も交えて再現するコンサートである。臨場感あふれるステージの面白さはここで言うまでもないが、解散後のソロ・ナンバーまで登場するのは、ファンの「夢物語」――解散せずに4人が一緒にライヴ活動を続けていたら、いったいどんなふうになっていたのか?――を具現化した粋な演出だ。
 ビートルズの劇的な歴史を、数時間で体感できる再現コンサート「レット・イット・ビー」。変化を楽しむかのように60年代を駆け抜けた4人の激動の日々を、ヒット曲の数々とともに楽しんでいただければ、と思う。

●開催概要●
【公演名】LET IT BE ~レット・イット・ビー~
【開催日程】
9月27日(金)  19:00開演 新宿文化センター 大ホール(東京)
9月28日(土)  12:00開演/17:00開演 新宿文化センター 大ホール(東京)
9月29日(日)  12:00開演/17:00開演 新宿文化センター 大ホール(東京)
10月1日(火)  16:00開演 静岡市民文化会館 中ホール(静岡)
10月2日(水)  16:00開演 名古屋市公会堂(愛知)
10月3日(木)  16:00開演 オリックス劇場(大阪)
10月4日(金)  16:00開演 岡山市民会館 大ホール(岡山)
10月5日(土)  15:30開演 東広島芸術文化ホールくらら 大ホール(広島)
10月6日(日)  15:30開演 ルネッサながと 劇場(山口)
10月8日(火)  16:00開演 ベイシア文化ホール 大ホール(群馬)
10月9日(水)  16:30開演 宇都宮市文化会館 大ホール(栃木)
10月10日(木) 16:00開演 葛飾シンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京)
10月11日(金) 19:00開演 町田市民ホール(東京)
10月12日(土) 12:00開演/17:00開演 町田市民ホール(東京)
10月13日(日) 15:30開演 海老名市文化会館 大ホール(神奈川)
10月14日(月) 15:30開演 たましんRISURUホール 大ホール(東京)
【料金】
会場により料金が異なります。詳細は公演公式HPをご確認ください。

【主催】BSフジ、サンライズプロモーション東京
【後援】InterFM、ニッポン放送
【協力】ザ・ビートルズクラブ、株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
【招聘・制作】サンライズプロモーション東京/in LYNK
【販売所】チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、
サンライズプロモーション東京、各会館窓口
【公式HP】 https://www.letitbe-japan.com/
【お問合せ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング