環境監視ソフトウェア「eneview」の効果を体感できる 「eneview Presentation Corner」オープン

PR TIMES / 2012年1月27日 12時32分



環境監視ソフトウェア「eneview」の効果を体感できる
「eneview Presentation Corner」オープン
~省エネの第一歩となる、電力使用量「見える化」をご提案~


 パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:前川 一博、以下:パナソニック電工IS)は2月1日、環境監視ソフトウェア「eneview(エネビュー)」の効果をご体感いただけるデモエリア「eneview Presentation Corner」を、東京オフィス(所在地:東京都港区)にオープンいたします。

 「eneview Presentation Corner」は、昨今の節電意識の高まりの中で注目を集めている、電力使用量の「見える化」を提案するデモエリアです。「eneview」のほか、エネルギー使用量の計測端末として、パナソニック株式会社エコソリューションズ社のエネルギーモニタを各種展示。これらに加え、東京オフィスのフロア全体でも、エネルギーモニタとセンサによる計測を開始しました。東京オフィス内の電力使用量、照明利用状況、温度と湿度を「eneview Presentation Corner」ではリアルタイムでご覧いただけます。
 
 パナソニック電工ISは、データセンターやサーバールームの安定運用に向けた環境監視ソフトウェアとして、2010年12月に「eneview」を発売。その後企業の節電ニーズに応えるため、2011年10月にバージョンアップを行い、一般施設へも対応を広げました。今般のデモエリアオープンに際し、東京オフィスでは電力使用量「見える化」に基づいたより一層の省エネ活動に取り組みます。パナソニック電工ISは今後、実際の運用にもとづくソリューション提案の場として「eneview Presentation Corner」を活用してまいります。

■「eneview Presentation Corner」の概要
(1)名称      eneview Presentation Corner(エネビュー プレゼンテーションコーナー)
(2)所在地     パナソニック電工IS 東京オフィス
           (東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー22F)
           ショウルーム「Nextructure BRIEFING ROOM」内
(3)オープン日   2012年2月1日
(4)設備内容     ・環境監視ソフトウェア「eneview」
           ・パナソニック株式会社 エコソリューションズ社製エネルギーモニタ
           「多回路エネルギーモニタ」「LAN対応ユニット」「電力メーターユニット」「本体コントローラM」
(5)対象とするお客さまのイメージ
           ・節電対策の立案をはかる企業、学校、施設ビルなど
           ・データセンターやサーバールームの安定運用をめざす企業、学校など

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング