米DSソリッドワークス社、最新のiPhoneやiPad miniでもSolidWorksデータを利用できるeDrawings Version 2.1を提供開始

PR TIMES / 2012年11月14日 17時56分

2012年11月14日
(米) Dassault Systemes SolidWorks社(以下、DS SolidWorks社)は、SolidWorksデータをiPad、iPhone, iPod touch等のiOSデバイスで閲覧・共有するためのデザイン・コミュニケーションツール「eDrawings」および「eDrawings Pro」を、2012年11月13日より、全世界でApple iTunes App Storeを通じて販売開始しました。

このiOSデバイスで動作するeDrawingsは、発売後3か月で全世界約20,000ライセンスを販売達成したeDrawings for iPadの新バージョンとして提供されます。すでにリリースされているiPad用のeDrawings製品をお持ちのお客様は、iTunes App Storeからアプリを無料でVersion 2.1へアップデートすることができ、iPhoneやiPod touch上でも利用することができるようになります。
さらに、eDrawings Pro for iPadをお持ちのお客様は、今回のアップデートによりiPhoneやiPod touch上でも3次元CADデータを断面表示・測定・マークアップすることができるので、お客様のSolidWorksデータの活用範囲をさらに拡大し、より多彩なシーンで3次元資産を活用したものづくりの環境が実現します。


 
「eDrawings」の優れたメリット

1. iOSデバイス上で、3Dデータを使用したプレゼンが可能です。
  o SolidWorks3次元モデル、図面、DXF/DWGの閲覧
  o メールに添付されたファイルやDropboxなどの共有サービス上のファイルの閲覧
  o ファイルキャッシュによるオフライン状態での閲覧
  o eDrawings Proならではの追加機能を活用
  ・断面、測定、マークアップの追加・表示
  ・レビューコメントを加えた3次元データのメール送信

2. eDrawings Proの機能を単体製品として購入可能な製品です。
  o Apple iTunes App Storeから購入可能
  ・ eDrawings: 170円
  ・eDrawings Pro: 850円

3. 今こそ3次元ツールを!と検討するための足掛かりに、3次元資産を安価に活用できます。
  o 営業活動やプレゼンテーションのツールとして活用
  o レビューに活用して、3次元ツールの有効性を社内にアピール
  o 取引先が既にSolidWorksを使っている際の共有ツールとして活用

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング