国内男子ツアーを”白い”クラブが席巻!!『R11S ドライバー』『TaylorMade ROCKETBALLZ フェアウェイウッド』が8戦連続モデル別使用率No.1を記録!

PR TIMES / 2012年6月27日 9時16分



国内男子ツアーを”白い”クラブが席巻!!
「テーラーメイド」契約プロのブラッド・ケネディ、武藤俊憲によるワン・ツーフィニッシュを達成!!
『R11S ドライバー』『TaylorMade ROCKETBALLZ フェアウェイウッド』が8戦連続モデル別使用率No.1を記録!


テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)では、同社が展開する 「テーラーメイド」の契約プロ、ブラッド・ケネディが6月21日~6月24日に開催された「~全英への道~ ミズノオープン」 (開催場所:JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部/岡山県)にてツアー初勝利を飾りました。

首位タイでスタートした最終日、ブラッド・ケネディは序盤からバーディを重ねる攻めのゴルフを展開。7バーディ、1ボギーの66を記録し、後続に3打差をつける通算17アンダーで、日本ツアー初優勝を飾りました。また、2位の武藤俊憲は『R11S ドライバー』を駆使して、最終日に63というスコアを記録。爆発的な追い上げによってブラッド・ケネディとのワン・ツーフィニッシュを達成しました。

同大会では、国内男子ツアー開幕から8戦連続となるモデル別使用率NO.1*1を『R11S ドライバー』、『TaylorMade ROCKETBALLZ フェアウェイウッド(以下RBZフェアウェイウッド)』共に記録。『R11S ドライバー』は大会出場者144名中28名が使用し、19.4%という使用率を記録したほか、フェアウェイウッドにおいては、大会出場者144名中33名(239本中41本)が『RBZフェアウェイウッド』を使用し、22.9%という使用率を記録。多くのプロから「テーラーメイド」の”白い”クラブに信頼が集まっています。


「テーラーメイド」では今後も、高い飛距離性能を誇る『R11S ドライバー』、『RBZ フェアウェイウッド』をはじめとした高性能なギアを通じて、多くのゴルファーのパフォーマンスに貢献していきます。

*1:使用率はダレル・サーベイ調べ(2012年6月25日時点)。
*2: 使用スペックに関しては一部、市販モデルとは仕様が異なる場合があります。

ブラッド・ケネディ 使用スペック*2
ドライバー: 『R11 ドライバー』(9゜)

武藤俊憲 使用スペック*2
ドライバー: 『R11S ドライバー』(9゜)
フェアウェイウッド: 『RBZ TOURフェアウェイウッド』(#3、14.5゜)
『V スチールフェアウェイウッド(2008年モデル)』(#5、18゜)
アイアン: 『Tour Preferred(R) MB Forged アイアン』(♯3~9)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング