わかさ生活が各市被災地仮設住宅の皆様に「仙台七夕まつり」のうちわをお届けしました ~8月2日宮城県東松島市・石巻市 8月3日女川町~

PR TIMES / 2012年8月6日 9時16分



 わかさ生活(本社:京都府京都市、代表取締役:角谷建耀知)は、東日本大震災の被災地復興支援のお役に立ちたいとの想いから、震災発生後すぐにサプリメント・義援金の支援、雇用支援等を実施し、2012年6月1日(金)には、宮城県仙台市に東北支社「わかさ生活東北コミュニケーションズ」を開所し、開所以降は『仙台を中心とした東北地方の皆様に愛される支社』を目指し取り組みを続けています。

 そのような中、8月6日~8日におこなわれる地元のお祭り“仙台七夕まつり”において「何か地域に貢献できることはないか」「仙台七夕まつりを通じて復興のお役に立てることはないか」という想いをもとに各取り組みをおこなって参ります。

 その取り組みの一つとして、8月2日3日に弊社が仙台七夕まつり用に準備いたしました“わかさ生活オリジナルの仙台七夕まつりうちわ”を宮城県沿岸部の仮設住宅にお住まいの皆様に、本年度入社の宮城県出身者数名がお届けさせていただきました。
 この取り組みのきっかけは、今なおご不便を感じながら被災地域の仮設住宅にお住まいの方のなかには、ご年配の方も多く仙台市から遠方ということもあり、なかなか仙台七夕まつりに来られない方が多くいらっしゃるということを聞いたことで、各市のご協力もありこの度の実現に至りました。
 
 8月2日・3日の2日間をかけて、宮城県沿岸部各仮設住宅(東松島市、石巻市、女川町)にてお配りしたうちわ本数合計は3980本(世帯)。 本年度入社の宮城県出身者から直接うちわ1本1本、心を込めてお渡しすると多くの方から、本当に喜んでいただけました。
「わあ、七夕まつりのうちわ!素敵ね。」
「遠くて七夕まつりに行けない私たちのことを想って持ってきてくれたの。ありがとう!」
「地元の子が持ってきてくれて頑張っている様子を見れて嬉しい。絶対頑張りなさいよ。」
「へえ~、東北復興を応援するために仙台に支社をつくるなんてすごいね」等、本当にたくさんの言葉をいただきました。

 また暑い天候の中、一生懸命汗をかきながらうちわを配る新入社員の様子を見た方から応援の言葉も いただきました。
「あなたが住んでいる地域も大変だったでしょ。一緒に頑張りましょうね」
「東北復興のために仕事頑張ってね」など、いただいた言葉は彼女たちの心に強く刻まれました。

 わかさ生活東北支社「東北コミュニケーションズ」では、このような取り組みも継続して実施していきつつ、東北地域のみなさんに必要とされ愛される支社を目指して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング