フリースケール、バッテリ充電を革新する3種類のリファレンス・デザインを発表

PR TIMES / 2012年7月6日 11時41分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、3種類のワイヤレス充電リファレンス・デザインを発表しました。モバイル・デバイスの急速な高性能化に伴い、バッテリ充電の新たな方式が模索されています。このリファレンス・デザインは、それらのエネルギーを必要とするさまざまな機器の充電方法を一変させます。

市場調査会社IMS Researchによると、ワイヤレス給電機能を備えた機器の出荷台数は2015年には1億台を超え、ワイヤレス給電市場は2016年までにおよそ50億ドル(USD)に成長すると予測されています。現在、電子機器メーカー各社は、スマートフォン、タブレット、ポータブル医療機器、ゲーム/オーディオ・アクセサリなど、高度な演算能力が求められる最新のモバイル・デバイスをサポートするため、ワイヤレス充電技術の実装方法や、自動車、喫茶店、空港、公共施設などの環境で必要となる関連インフラストラクチャの研究を進めています。

フリースケールの副社長兼インダストリアル&マルチマーケット・マイクロコントローラ部門担当ジェネラル・マネージャであるジェフ・リースは、次のように述べています。「ワイヤレス充電技術は、将来のスマートフォンに望まれる機能のランキングで常に上位に位置しています。フリースケールの3種類のリファレンス・デザインは、幅広いバッテリ駆動機器に向けてワイヤレス充電ソリューションを提供します。ワイヤレス充電が広く公共インフラストラクチャに導入されれば、一般ユーザが充電に煩わされることはなくなるでしょう。」

市場調査会社IMS Researchのリサーチ・マネージャであるJason dePreaux氏は、次のように述べています。「ワイヤレス給電技術はまだ初期段階にありますが、民生用アプリケーション向けに大きな潜在能力を秘めています。ワイヤレス給電の専用コンポーネントが登場すれば、技術の実装が容易になり、コスト削減が促進されるため、この市場の発展にとって極めて重要なステップになります。」
 
タブレット向けワイヤレス充電リファレンス・デザイン
フリースケールは、民生用/産業用タブレット・アプリケーションやポータブル医療機器向けに内蔵のワイヤレス充電プラットフォームを導入します。リファレンス・デザインは、トランスミッタ・マットと、タブレットの背面カバー内部に組み込まれるレシーバという2つの主要コンポーネントで構成されます。このリファレンス・デザインは、i.MX53(アイドット・エムエックス53)アプリケーション・プロセッサをベースとするフリースケールのタブレット向けSABRE(Smart Application Blueprint for Rapid Engineering)プラットフォームを活用していますが、さまざまなタブレット設計に拡張することが可能です。レシーバは、インタフェースを通じてタブレットの電力管理サブシステムの入力とシームレスに連動します。フリースケールのワイヤレス充電技術を利用したタブレットは、ソフトウェアベースのインテリジェントな充電システムの開発が可能になり、従来の技術に匹敵する充電効率を実現し、比類のない利便性をユーザに提供することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング