名古屋で注目のエリア 円頓寺(えんどうじ)・四間道(しけみち)界隈が舞台「ハートロス ~虹にふれたい女たち~」この秋放送決定!!

PR TIMES / 2016年9月13日 12時12分

平凡な主婦に訪れた刺激的な日々。…まさかこれって恋?

CBCテレビではこの秋も、地元を舞台にした、大人女性の心を揺さぶるドラマを制作、放送する。今回は開発が進む名古屋駅の近くにありながら、昔ながらの風情を残す円頓寺・四間道界隈を舞台に、平凡な主婦に訪れたある刺激的な日々を描く。



CBCテレビ開局60周年記念スペシャルドラマ
『ハートロス ~虹にふれたい女たち~』10月2日(日)午後2時放送
[画像: http://prtimes.jp/i/15357/52/resize/d15357-52-893734-0.jpg ]


 CBCテレビではこの秋も、地元を舞台にした、大人女性の心を揺さぶるドラマを制作、放送する。
 今回は『想い出にかわるまで』『クリスマスイヴ』など数々のヒットドラマで知られる脚本家・作家 内館牧子がオリジナル脚本を手掛けた。
 時代を鋭くとらえ幅広い視聴者から共感を得てきた内館が選んだテーマは、「○○ロス症候群」だ。
 このところ社会現象にもなった、”たもロス” ”あまロス” ”ましゃロス”…そして「会社を一週間休みます」「何もする気になれない」そう口にする心理とは一体?

 ストーリーは、平凡な主婦に訪れたある刺激的な日々を描く。
 不満はないけれど、何か充ち足りない毎日を過ごす主人公に、あることがきっかけで20代に戻ったようなときめきと解放感が沸き起こる。今までに経験したことのない高揚感と少しの罪悪感。
 幸せに平穏に暮らしているのに「自分の人生をリセットしてみたい」と思う妻たちの気持ちとは。夢と現実との間で揺れ動く主人公の、想いの行方は…


 この主人公、深谷桜子(ふかやさくらこ)を演じるのは、今ドラマに舞台にCMに大活躍の斉藤由貴。デビューから31年、再びブレイク中の斉藤が、現代女性の心情を演じる。桜子の優しい夫、深谷和久(ふかやかずひさ)役はドラマやCMを中心に悪役からコミカルな役柄まで幅広く演じる宇梶剛士、そして深谷家の一人娘で桜子のよき理解者でもある佑子(ゆうこ)を、若手女優として注目を集める川島海荷が軽やかに演じる。他に桜子の女子大時代からの親友役には、舞台を中心にドラマや映画で数々の話題作に出演する堀内敬子と、ドラマや舞台、ミュージカルに加え、モデル、情報番組のコメンテーターなどもマルチにこなす生田智子が扮するなど実力派が揃う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング