東京医療保健大学 女子バスケットボール部 藤本愛妃選手が、『日本生命 みんなの2020全国キャラバン』イベント出演 徳島県の「わが街アスリート」としてトークショー

PR TIMES / 2020年1月14日 12時25分



 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:木村哲、以下本学)の女子バスケットボール部・藤本愛妃選手(以下、「藤本選手」)が、2020年1月18日(土)・19日(日)にイオンモール徳島で開催される『日本生命 みんなの2020全国キャラバン』イベントへ出演します。藤本選手は、各都道府県で1名以上選出される「わが街アスリート」の徳島県にゆかりのあるアスリートとして、2020年1月19日(日)にトークショーを行います。

 『日本生命 みんなの2020全国キャラバン』は日本生命保険相互会社主催、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、「組織委員会」)共催のイベントです。東京2020オリンピック・パラリンピックを日本全国で盛り上げることを目的として、2018年9月よりスタートし、約2年間をかけて全国47都道府県を回ります。
 本学女子バスケットボール部の藤本選手(徳島県徳島市生まれ)は、小学3年でバスケットボールを始め、バスケットボールの名門で知られる愛知県の桜花学園高等学校進学後、数々の全国大会優勝を経験し、複数のチームから声がかかる中、本学へ進学。恩塚亨監督率いる本学の女子バスケットボール部では、1年時から主力としてプレーし、2年時には関東大学リーグ戦と全日本大学選手権大会(インカレ)の2冠達成に貢献しました。同年夏にはユニバーシアード競技大会の日本代表に選ばれ、50年ぶりの銀メダルを獲得しています。3年時はケガに苦しみながらもインカレ2連覇へ導く活躍を見せました。そして今年、4年生の集大成として臨んだインカレでは見事3連覇を成し遂げ、卒業後の活躍にも期待がかかる選手です。

■イベント概要
タイトル:『日本生命 みんなの2020全国キャラバン』
日時:2020年1月18日(土)・19日(日)10:00~18:00
   ※藤本選手のトークショーは19日(日)14:00~14:40を予定
場所:イオンモール徳島 (徳島県徳島市南末広町4番1号)
内容:東京2020オリンピック・パラリンピックを日本全国で盛り上げることを目指し全国各地で開催。
   シンボルとなる大型ビジョン搭載のキャラバントラックを中心に、
   「東京2020への参画」「アスリートの卓越性」「パラリンピックスポーツの楽しさ」の3つをテーマにした
   参加プログラムや地元にゆかりのある「わが街アスリート」によるトークショーなどを実施。
主催:日本生命保険相互会社
共催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
開催サイト: http://special.nissay-mirai.jp/tokyo2020/caravan
SNS: https://instagram.com/nissay_official/

■藤本愛妃選手のプロフィール

[画像: https://prtimes.jp/i/32781/52/resize/d32781-52-871582-0.png ]


1998年生まれ、徳島県徳島市出身。
東京医療保健大学 医療保健学部 医療情報学科4年生(2020年1月現在)
バスケットボールの名門校である愛知県 桜花学園高等学校出身。
高校在学中は、総体3回、国体3回、ウィンターカップで2回日本一を経験。
父親が元プロ野球選手、母親が女子バレーボール全日本バルセロナ五輪・アトランタ五輪出場選手というアスリート一家の長女。妹は、Wリーグで活躍する藤本愛瑚選手(JX-ENEOSサンフラワーズ所属)。

【主な成績】
2017年 リーグ戦初優勝、インカレ初優勝
第29回ユニバーシアード競技大会 日本代表 銀メダル
2018年 インカレ2連覇
2019年 第30回ユニバーシアード競技大会 日本代表
リーグ戦優勝、インカレ3連覇


[表: https://prtimes.jp/data/corp/32781/table/52_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング