1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「SpaceCore(スペース・コア)」、新型ドア・窓開閉センサー「DEFED Door/Window Sensor」を提供開始

PR TIMES / 2021年8月27日 11時45分

~ホームセキュリティ~を強化し、安全・安心な暮らしの実現へ~

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小暮学、 以下当社)は、2021年8月より、ホームセキュリティにも活用できる新型ドア・窓開閉センサー「DEFED Door/Window Sensor」を提供開始したことをお知らせします。また、ホームセキュリティニーズの高まりを受けて、2021年11月までにセキュリティ関連デバイスを拡充していきます。



◆「DEFED Door/Window Sensor」提供の背景
ホームセキュリティは、住宅購入時や不在時の防犯への不安からニーズが非常に高く、住宅設備ランキングにおいても上位に挙げられています。しかしながら、現在主流となっているホームセキュリティの導入は高価で大掛かりな工事等が必要な場合が多く、賃貸・戸建て住宅への導入ハードルが高いため、日本の全世帯の約4%※の普及率となっております。そこで、スマートホームデバイスによる比較的安価で導入しやすいホームセキュリティの提供を目指し、セキュリティ関連デバイスを拡充することになりました。
2021年11月までにホームセキュリティに対応するスマートホームデバイスとして、クラウド録画機能付き防犯カメラ、サイレン、モーションセンサーの提供を予定しており、手軽で安価に導入可能なホームセキュリティのご提案をしてまいります。
※ホームセキュリティ大手2社の加入件数から推計

◆「DEFED Door/Window Sensor」について

[画像1: https://prtimes.jp/i/33770/52/resize/d33770-52-2180029c8a094839bb48-4.png ]



「DEFED Door/Window Sensor」は、センサーをドアや窓に取り付けることによって、ドアや窓の開閉状態をスマートフォンの「SpaceCore」アプリでリアルタイムに確認・通知ができるスマートホームデバイスです。外出時にアプリでドアや窓の開閉状態を確認ができ、プッシュ通知に受信することで、ホームセキュリティ製品として利用することができます。また、センサーの開閉動作を条件に対応する家電や住宅設備を動作できます。例えば、外出からの帰宅でドアの開閉時に照明を点灯するといった利用ができます。


◆「DEFED Door/Window Sensor」の特徴


[画像2: https://prtimes.jp/i/33770/52/resize/d33770-52-097eb73d46283fd89294-5.png ]


1.設計上10年間電池交換が不要
消費電力を抑える設計により、弊社で提供している従来のドア・窓開閉センサーと比べて、大幅な長寿命化を実現しており、利用者の交換の手間を削減しています。(※1)

2. セキュリティ機能の強化
本体が取り外されたことを検知する「Tamper Protection機能」を搭載しており、本体が設置場所から不正に外された際に異常を即座に通知することが可能になります。 (※2)

3.ビスでの固定も可能
両面テープでの設置に加え、ビスでの取り付けも可能となっております。専用のブラケットを標準添付しておりますので、ビス留めによる本体の設置が可能です。

4.シンプルなデザイン
ホームセキュリティデバイスを意識した強固な仕様、筐体設計にも関わらず、主張を押さえたシンプなデザインとなっています。

※1:記載の使用期間は設計上の理論値です。ご使用方法、環境により寿命が変動する可能性があります。
※2:Tamper Protection機能については今後のバージョンアップで対応予定機能となります。本体が外されたことを検知するにはビスによる設置が必要です。


「SpaceCore」では、今後も新築物件・既存物件、マンション・戸建てに限らず、さまざまな空間に価値を提供し、より「快適」で「便利」な住空間作りをサポートしてまいります。

◆SpaceCore(スペース・コア)とは

[画像3: https://prtimes.jp/i/33770/52/resize/d33770-52-ae9a42bf8d496ca36366-2.png ]

「SpaceCore(スペース・コア)」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月より提供を開始以来、全国100社以上、約18,000※戸に導入されております。ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスをユーザーが利用できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、事業者と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

※2021年5月時点
SpaceCore: https://www.space-core.jp/

◆株式会社ACCEL LAB 会社概要
本社  :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者 :代表取締役 小暮 学
設立  :2017年7月
URL  : https://accel-lab.com
事業  :プラットフォームサービスの開発・販売、WEBメディア運営

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング