1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ソーシャル・エックス】TOKYO SUTEAM 官民共創型アクセラレーションプログラムにて、第1期参加スタートアップ企業を募集!

PR TIMES / 2023年11月28日 19時15分

東京都の「多様な主体によるスタートアップ支援展開事業(TOKYO SUTEAM)」協定事業者として、財務リターンと社会的インパクトを両立するスタートアップを創出

株式会社ソーシャル・エックス(東京都渋谷区、以下「ソーシャル・エックス」)は、東京都が公募した「多様な主体によるスタートアップ支援展開事業(TOKYO SUTEAM)」の協定事業者として、第1期キックオフセミナーを開催、官民共創型アクセラレーションプログラム「ソーシャルXアクセラレーション」へエントリーするスタートアップ企業を募集することをお知らせいたします。本プログラムを通して、「官民共創」による社会課題解決と持続的な事業成長との両立を目指すスタートアップを創出・支援して参ります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/88249/52/resize/d88249-52-42e4fd92c07b592fe562-3.jpg ]

ソーシャルXアクセラレーションとは 


 政府が骨太の方針にて、「社会課題の解決に向けた取組自体を付加価値の源泉として位置づけ、課題解決と経済成長を同時に実現する」と掲げているように、企業は従来の財務リターンだけではなく、社会的インパクトを創出することも求められています。

 また、世界の経営環境も大きく変化を遂げ、スタートアップであっても、財務リターンと同時に社会課題の解決が求められています。欧州では、VC投資の18%をインパクト投資が占めるなど、投資家の社会的インパクトへの関心が高まってきています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/88249/52/resize/d88249-52-bcb79f25f2d50aa7074f-1.png ]

 社会的インパクト(戦略リターン)を意識して事業を開発するには、社会課題の最前線である自治体を巻き込むことが重要です。予選を通過したスタートアップには、共創人材によるワークショップ、メンタリングで事業ブラッシュアップの支援を行い、自治体とのディスカッションの場をアレンジします。優勝・準優勝のスタートアップには官民共創マッチングサービス及び自治体とのPoCと伴走支援を提供します。また、優勝、準優勝および審査員特別賞の3つのスタートアップに対して、事業の社会的インパクトの算定を支援します。社会的インパクトを可視化することで、財務リターン以外に社会的インパクト(戦略リターン)も求める投資家に対して説明しやすくなります。

 これまでも、弊社が支援したスタートアップが、官民共創を軸にした事業開発を行なったことで、投資家からの問い合わせが6倍、メディア掲載件数が3倍に増えた事例があります。今回の協定事業を通じて、このような事例を多く作っていきたいと考えています。

公式HP(https://tokyosuteam.socialx.inc/

審査委員長


・新規事業家 守屋 実 氏

審査員(50音順)


・前尼崎市長 稲村 和美 氏 
・森ビル株式会社 オフィス事業部 営業推進部 兼 企画推進部 部長 兼 経営企画部 竹田 真二 氏 
・株式会社Zebras and Company 共同創業者 / 代表取締役 田淵 良敬 氏
・渋谷区議会議員 中村 豪志 氏
・日経ビジネス副編集長 堀越 功 氏
・日本金融経済研究所 代表理事 経済アナリスト 馬渕 磨理子 氏 

キックオフ オンラインセミナーを開催します


オンラインセミナー/「新しい投資をつかめ!~投資環境の変化を捉えた事業開発の進め方~」
[画像3: https://prtimes.jp/i/88249/52/resize/d88249-52-8a4b27bf15a1ca0825b8-1.png ]

社会課題の解決と経済成長の両立を図る新しい資本主義。これは、国内はもとより世界的な大きな潮流です。こうした変化は投資環境も変えつつあり、欧州では今や VC による投資額の18%はソーシャルインパクトを重視したものとなっています。本セミナーでそのイロハを学び、新しい投資を呼び込みましょう。
※エントリーには、当セミナーのご視聴が条件となっております(アーカイブ配信の視聴も可)。

日時:2023年12月12日(火) 16:30~18:00
形式:Zoom Webiner
申込先URL:https://forms.gle/qCFKqS8KMpZr67xE8
プログラム:
<講演1>
「新規事業における社会的インパクト」
新規事業家 守屋 実 氏 
”新規事業のプロ”として多くのスタートアップを育ててきた守屋氏から、現在のスタートアップを取り巻く経営・投資環境の変化と、その中で、なぜ社会的インパクトが必要となるかについて講演します。

<講演2>
「社会的インパクトが経営環境に与えた変化」
ドクターメイト(株) 代表取締役社長/医師 青柳 直樹 氏
官民共創による事業開発の仕組みである“逆プロポ”を用いた新規事業開発において、大躍進を遂げるドクターメイト。なぜこの事業を始めるに至ったか、戦略リターン(社会的インパクト)が出ることによる経営環境・投資環境の変化と、どのように戦略リターンを設計したのかについて紹介します。

<講演3>
(株)ソーシャル・エックス 代表取締役 伊藤大貴
「世界の官民共創と日本のこれから」
ソーシャル・エックスが新しく開発したアクセラレーションプログラムは、従来のアクセラと何が違うのか。世界の官民共創の動向と政府、東京都の動きと社会課題基軸の事業開発の進め方を紹介します。

<トークセッション>
「新しいチャンスの掴み方」
2030年には消費の主役となるZ世代にとって「社会貢献」がひとつのキーワードであるように、世の中の流れはもはや、社会に良い事業を展開するという視点がマストとなっています。国内のスタートアップ投資が復調してきましたが、そこでもやはり、事業の社会性は欠かせない要素です。社会的なインパクトを設計することで繋がる「新しいチャンス」について、前述の講師3名によるセッションを行います。

支援先スタートアップ等の募集方法・時期とその基準 


本プログラムでは、予選・決勝の2回にわたる審査を行い、それぞれの通過者にはより高度な支援を提供していくスキームを設計しています。審査の体制については、予選・本選とも外部有識者と事務局(当社)による審査委員会を設置します。審査基準としては、一定の事業性は大前提とした上で戦略リターンに関する要素を意識してスタートアップの選定を実施します。

第1期
募集情報の公開  :2023年11月6日(月)
オンラインセミナー:2023年12月12日(火)
プログラムへの応募:2023年12月12日(火)~2024年1月4日(木)
書類審査     :2024年1月5日(金)~2024年1月12日(金)
面談審査     :2024年1月23日(火)、24日(水)
ファイナリスト発表:2024年2月上旬予定
メンタリング期間 :2月中旬~5月中旬
最終審査会    :2024年5月15日(水)

第2期
(1)セミナー開催: 5月下旬
(2)予選エントリー企業募集:5月上旬
(3)書類審査、面談審査:6月下旬
(4)最終審査会:10月上旬
※予定は変更となる場合がございます。
今後、公式HP(https://tokyosuteam.socialx.inc/)にて順次公表いたします。

ソーシャルXアクセラレーションの目的


当社は、本アクセラレーションプログラムを通じて、社会課題起点の起業家の育成と、既に起業したスタートアップに対しては「社会課題解決」の視点と考え方を付与することによる投資家への提案力のアップ、サービスの横展開の機会づくりに貢献します。

会社概要


社名:株式会社ソーシャル・エックス
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ32F

「官民共創に最高の体験を。」を掲げ、官民共創新規事業開発プラットフォーム「逆プロポ」シリーズの企画運営、および、社会課題解決型の新規事業開発を支援しています。2021年グッドデザイン賞受賞。
URL:https://socialx.inc
サービスサイト:https://gyaku-propo.com/

【本件問い合わせ先】
本アクセラプログラムに関する問合せ先:info@tokyosuteam.socialx.inc
(プロジェクト担当:マネージャー 高橋知史、シニアマネージャー 木村亮太)
プレスリリースに関する問合せ先:info@socialx.inc
(PR/GR Director 志賀久美子)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください