携帯電話・スマートフォンの利用状況や満足度に関する調査を実施

PR TIMES / 2012年10月17日 10時39分



◆◇◆携帯電話・スマートフォンの利用状況や満足度に関する調査を実施◆◇◆

■スマホ所有者は全体の3割に
スマートフォンからフィーチャーフォン(通話機能をメインに、カメラやワンセグなどの機能を搭載している高機能電話)まで、次々と新しい機種が発表される携帯電話市場。
便利な機能が搭載され、バラエティに富んだ商品が開発される一方で、通信の不安定さや通話・パケット通信料金が高いなどの課題もあるようです。
今回はインズウェブユーザーの皆様に、携帯電話についての評価を聞いたアンケート結果をお知らせします。

※Web上でも表示しています。
http://www.insweb.co.jp/research/report/vol026.htm

【調査内容サマリー】
◇質問1 持っている携帯電話の種類は、フィーチャーフォン66.8%、スマホ31.2%
◇質問2 大手4社のユーザー評価、電波状況で明暗分かれる?!
◇質問3 利用中の携帯電話会社のサービス評価、課題はパケ代か。
◇質問4 未来の携帯電話に望むことは、災害時の安定利用など。

≪調査概要≫
調査方法   インズウェブサービス利用後のインターネットによる任意回答
有効回答数  1,242人
調査期間   2012年8月1日~2012年8月30日

■ 調査結果の利用について
調査結果を掲載等される場合には、「保険の窓口インズウェブ調べ」と記載をお願い致します。


【調査結果詳細】

◆質問1:あなたが持っている携帯電話の種類を教えてください。

携帯電話の種類は、フィーチャーフォンが66.8%と全体の大半を占める結果となりました。一方、スマートフォンも延べ31.2%と全体の約3割を占めており、一定数の市民権を得ているといえます。
また、フィーチャーフォンとスマートフォンの複数台持ちユーザーも全体の4.4%と、数こそ少ないものの、一定数存在していることが分かりました。


◆質問2:あなたの利用している携帯電話について評価をしてください。

現在利用している携帯電話について、通信会社の使用料、パケット通信料、通話の品質(音声品質、聞き取りやすさ)、電話本体のデザインや使いやすさ、電波の繋がりやすさ、総合評価の6つについて評価をしてもらいました。
満足を10点、やや満足を7.5点、普通を5点、やや不満を2.5点、不満を0点に換算し、ポイントを計算しています。
その結果、すべての項目で比較的バランス良く高い評価を受けたのはKDDIでした。その他は電波状況(圏外の少なさ)の良し悪し、通信性能や本体のデザインの良し悪しなど、各通信会社の強み・弱みがはっきりと現れる結果となりました。どこの会社でも共通しているのは、パケット通信料金に対する不満で、頻繁に使うユーザーとそうではないユーザーの料金設定のスタートラインが同じことに不満、などの意見が寄せられました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング