学校法人未来学園と提携し、「セディナ学費ローン」の取扱開始

PR TIMES / 2012年10月17日 16時47分



三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナ(代表取締役社長 山下 一、以下「セディナ」)と学校法人未来学園(群馬県前橋市、理事長 野口 昭二 以下「未来学園」)はこのほど提携し、2012年10月17日より未来学園の学費納入者を対象にした「セディナ学費ローン」の取扱いを開始することになりましたので、お知らせいたします。

このたび、取扱いを開始する「セディナ学費ローン」は、入学金や授業料などの学校生活に必要な資金をセディナが学費納入者に代わって学校に立て替え払いし、学費納入者はセディナに毎月分割で返済するものです。返済方法は元利均等分割返済と、在学期間中、金利のみのお支払いとなる据置型分割返済をご利用いただけます。

未来学園は、1986年に医療秘書学科、歯科衛生学科の2学科で開学しました。現在は、前橋医療福祉専門学校にメディカルクラーク学科、介護福祉学科、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科及び高崎歯科衛生専門学校に歯科衛生学科を設置しております。全国でも有数の規模を誇る医療、福祉の総合学園として、20年余の歴史の中で6,000名以上の卒業生を医療、福祉施設へ輩出してまいりました。現在、約1,000名の学生が在籍しています。
未来学園は医療、福祉分野に必要な専門的知識、技術、態度を養い、実践力を身につけると共に、人間愛を基礎とし、全人的なかかわりや援助、ケアが実践できる医療、福祉従事者を養成しています。未来学園では教育方針に“Learning Together Thinking Together”を掲げ、教職員一同、医療、保健、福祉の発展のために学生と共に学び、共に考える教育を実践しています。
2013年4月、京都市内において、京都文化医療専門学校(指定申請中)を開校予定です。秘書学科及び歯科衛生学科を設置し、文化や伝統の中心地である京都において、実践力だけでなく、教養を高める教育を行い、広く地域・社会に貢献できる人材を育成して参ります。

一方、セディナは、三井住友フィナンシャルグループにおいて、個人のお客様に安全で利便性の高い支払手段を提供する総合決済ファイナンスカンパニーとして、学費ローンを利用される学費納入者の様々なニーズにお応えすることで、お客様・加盟校様・セディナの全てが良好な関係になることを目指しております。

未来学園とセディナは本提携をすることにより、今後とも未来学園の学生の皆様の利便性向上と、充実した学園生活のサポートをおこなってまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング