「見積もり保存で!ご契約で!大切な家族と楽しくだんらんキャンペーン」 実施のお知らせ

PR TIMES / 2014年3月24日 15時38分

~カチッと定期2 発売記念~

アクサダイレクト生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤英明、以下「アクサダイレクト生命」)は、3月19日の定期保険「カチッと定期2」発売を記念し、3月19日(水)から5月31日(土)まで「見積もり保存で!ご契約で!大切な家族と楽しくだんらんキャンペーン」を実施いたします。



本キャンペーンでは、アクサダイレクト生命のホームページ上にて当社取扱い保険商品の保険料を見積もりいただきマイページに保存した方、また申込み手続きを完了しその後契約が成立した方の中から、抽選で5名様にPlayStation(R)4 ジェット・ブラックを進呈します。

保険料の見積もりは無料で行うことができ、生年月日と性別を入力するだけで簡単に試算できます。その結果を保存すると、自動的に1口応募されます。また、契約が成立した場合は2口の応募としてカウントいたします。


■キャンペーン概要


名称 : 見積もり保存で!ご契約で!大切な家族と楽しくだんらんキャンペーン
対象 : 期間中、アクサダイレクト生命のホームページよりいずれかの取扱保険商品のお見積もり結果をマイページに保存された方
応募期間 : 2014年3月19日(水)~2014年5月31日(土)23:30まで
賞品・当選者数 : PlayStation(R)4 ジェット・ブラック × 5名様
抽選および発表 : 応募期間終了後に、応募者の中から厳正なる抽選を行います。当選の発表は、ご当選者様へ賞品の発送をもってかえさせていただきます。
URL : http://www.axa-direct-life.co.jp/cp/di/1403_danran/


■「カチッと定期2」(正式名称:定期保険(無解約返戻金型))について


万が一死亡した場合や所定の高度障害状態になった場合の保障をする保険です。また、特約を任意に選択し、不慮の事故や感染症による死亡と高度障害状態の場合の保障の上乗せや、6か月以内の余命宣告を受けた場合、生前に保険金を受取ることもできます。
無解約返戻金型の保険のため、解約しても解約返戻金がありませんが、その分お手ごろな保険料となっています。
保険金額が高額になるほど保険料が割安になる高額割引制度があります。
保険期間10年でご契約の場合、更新および再加入(健康チャレンジ)の取扱があります。契約継続時にあらためて告知をしていただきアクサダイレクト生命の基準を満たした場合、更新の場合よりも安い保険料で保障を継続できます。再加入後の保険料は、再加入時の被保険者の満年齢および再加入時に適用される保険料率によって計算され、再加入後の契約は再加入時の約款が適用されます。なお、告知の結果、基準を満たさなかった場合でも、通常の更新は可能です。
被保険者が責任開始期以後に発生した所定の不慮の事故を直接の原因としてその日を含めて180日以内に所定の障害状態に該当したときに、その後の保険料の払込みを免除します。


■お客さまのお問い合わせ先
カスタマーサービスセンター 0120-953-831
月~金 9:00~22:00 土・日・祝日 9:00~18:00 (年末年始の当社休業日を除く)

以上


アクサダイレクト生命について
アクサダイレクト生命は2008年4月7日に日本初のインターネット専業生命保険会社として誕生した、AXAのメンバーカンパニーです。インターネット技術を活用した効率的な運営(少人数、ペーパーレス、営業用の店舗を持たないことなど)により、お求めやすい保険料で生命保険を提供しております。2013年5月14日に「ネクスティア生命」から社名変更いたしました。

AXAグループについて
AXAは世界57ヶ国で16万人の従業員を擁し、1億200万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2012年度通期の売上は901億ユーロ、アンダーライング・アーニングス(基本利益)は43億ユーロ、2012年12月31日時点における運用資産総額は1兆1,160億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。詳細はwww.axa.comをご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング