1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

otta、愛知県津島市、西尾張シーエーティーヴィ株式会社と「見守りサービスの推進に関する協定」を締結

PR TIMES / 2023年11月24日 19時15分

~愛知県下での市内全域初、2024年2月より見守りサービス開始~

株式会社otta(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:山本文和、以下「otta」)は、愛知県津島市(津島市長:日比一昭)、西尾張シーエーティーヴィ株式会社と、子ども・高齢者の安心かつ安全な暮らしを実現するため、地域BWAを活用した見守りサービスを推進するとともに、市民サービスの向上及び地域課題解決に関して連携し協力することを目的に「見守りサービスの推進に関する協定」を締結しましたことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11852/53/resize/d11852-53-12e805d4410562628ea5-0.png ]

 この事業は、内閣府のデジタル田園都市国家構想推進交付金を活用し津島市が行う事業(採択事業名:無線を活用した地域協働による子ども・高齢者の見守り)で、地域協働で子ども・高齢者を見守る仕組みとなっています。
 津島市内8つの小学校区の通学路付近の商店や協力者宅に設置された見守りスポットや個人の端末(見守り人アプリのインストール必要)が市内小学校1~3年生児童に配布されたBLEタグの電波を受信し、その通過情報が市内全域に整備された地域 BWA無線網を用いてシステムに送信されます。児童の保護者は有料アプリを通じてシステムから通過情報を受け取ることができ、無料プランでも、非常時には記録された通過情報を開示することができます。
 また、市内8小学校の校門周辺にも見守りスポットを整備し、防犯カメラも設置することで、児童の登下校を把握し重大事案を未然に防ぎます。市内の企業やボランティア団体などにも見守り人アプリの導入等の協力を呼びかけ、地域全体で子どもたちや高齢者を見守る仕組みとなっています。

◆「otta見守りサービス」導入概要
津島市内の公立小学校に就学する児童及びその保護者。
対象の小学校に在籍する児童1-3年生のうち希望する方全員に見守り端末を無償で配布。

◆otta 「見守りサービス」とは  https://www.otta.me/products/
全ての子どもたちに見守り端末を無償で配布し無料で利用できる緊急時のセーフティーネットを構築。
見守り端末を持っている子どもが、見守りスポットを通過した記録と見守り人とすれ違った位置情報が記録されます。記録された位置情報履歴は、迷子や行方不明などの万が一の際に保護者同意の上、警察に提供することで、早期解決を図ることを目的としています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11852/53/resize/d11852-53-9600d01b6ee2663f62a9-1.png ]

ottaでは、今後も、IoTテクノロジーの活用により、子どもの"安全"と親の"安心"を繫ぐ、新しい見守りサービスを提供してまいります。

◆株式会社 ottaについて https://otta.co.jp/
私たちottaは子どもから高齢者まで全ての人が安心・安全に暮らせる街「スマート見守りシティ」を実現するために、ottaタウンセキュリティ・BLE見守りサービスを2015年より提供してきました。私たちの見守りサービスは、IoTテクノロジーを活用することで見守る人(保護者)も見守られる人(子供や高齢者など)も負担なく利用できる仕組みを実現しています。この手軽に利用できる仕組みが好評となり、現在は東京都や大阪府などの31都市で見守りサービスを提供しており、日本最大規模のIoT見守りサービスとなっています。

■公式 Facebook : https://www.facebook.com/ottainc/
■公式Instagram:@otta_official
■LINE公式アカウント : @otta

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください