業界初 個人賠償保険付きサービス開始「かぞくも家計もまとめて守る保険でんき」11月1日より販売スタート

PR TIMES / 2019年11月5日 14時45分



イーレックス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本名 均)の低圧・家庭用電力、都市ガス販売子会社であるイーレックス・スパーク・マーケティング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:斉藤 靖、以下「ESM」という。)は、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬 伸一、以下「東京海上日動」という。)を引受先とした、「総合生活保険(個人賠償責任補償)」をセットにした電気サービス「かぞくも家計もまとめて守る保険でんき(以下、「保険でんき」という。)」の販売を開始することとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。




[画像: https://prtimes.jp/i/29914/53/resize/d29914-53-359453-0.jpg ]


「保険でんき」は、本プランに切り替えることで電気代が安くなることはもとより、自転車運転中に自分の過失で他人に怪我を負わせたり、買い物中の不注意で商品を壊してしまった場合等の、損害賠償に備えることができる個人賠償保険(保険金額:国内1億円/国外1億円)がセットでついてくるお得なプランです。
さらに、東京海上日動が提供する24時間365日常駐の医師・看護師による電話医療相談が可能な「メディカルアシスト」等の付帯サービスも利用することができますので、万が一の備えだけでなく、日常でもご活用いただけます。また、近年自治体で自転車保険への加入を義務付ける動きが広がっていますが、本保険に加入することで自転車事故における補償をカバーすることができますので、義務化の動きにも対応可能です。


東京海上日動が提供する個人賠償保険で「家族」を守り、またESMが提供する電気サービスによる電気代の削減で「家計」を守ることで、多くの皆様に喜んで、また安心して頂けるサービスを提供してまいります。


■「かぞくも家計まとめて守る保険でんき」概要

受付開始   :2019年11月1日

プラン内容  :切り替えることで電気代が安くなり、個人賠償責任補償がセットされるプラン

提供する電力 :従量電灯のみ(30A以上)

対象地域   :全国(沖縄を除く)

保険引受先  :東京海上日動火災保険株式会社

保険概要   :「総合生活保険(個人賠償責任補償)」により日常生活における賠償事故を補償

(保険金額:国内1億円/国外1億円)

その他サービス:メディカルアシスト、介護サポート、デイリーサポートのサービスを利用可能

担当代理店  :株式会社東海日動パートナーズTOKIO 新宿支店

(東京海上日動火災保険株式会社100%出資)

詳細はこちら▶  https://www.erex.co.jp/special/information/hokendenki/


■イーレックス株式会社概要

社名 :イーレックス株式会社

所在地    :東京都中央区京橋二丁目2番1号 京橋エドグラン14階

代表者    :本名 均

事業内容   :小売電気・ガス事業、バイオマス発電事業、バイオマス燃料販売

資本金    :51億円(2019年3月現在)


■イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社概要

社名 :イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社

所在地    :東京都中央区京橋二丁目2番1号 京橋エドグラン14階

代表者    :斉藤 靖

事業内容   :小売電気

資本金    :468百万円(2019年3月現在)


■「かぞくも家計もまとめて守る保険でんき」に関するお問合せ窓口

電気に関するお問合せ

イーレックス・スパーク・マーケティング カスタマーセンター 0120-613-700
(営業時間:平日9~20時、土曜日10~17時)

保険に関するお問合せ

株式会社東海日動パートナーズTOKIO 新宿支店   03-3375-8468

(営業時間:平日9~18時)


■本お知らせに関するお問合せ窓口

イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社 営業部 03-5255-5161


■報道関係者お問い合わせ先

イーレックスグループ IR広報室 担当:原、武田

TEL: 03-3243-1167 FAX: 03-3243-1119

E-mail: pr.info@erex.co.jp


イーレックスグループは、より多くのお客様にサービスをご提供できるよう、今後も販売ネットワークの拡充や他業種との『共創』による新チャネルの展開を図りながら、再生可能エネルギーのリーディングカンパニーとして、日本の脱炭素社会の実現に貢献してまいります。


以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング