【2015年、日本経済の中枢に「彼ら」が斬り込む】高橋洋一『大阪維新の真相』が発売!

PR TIMES / 2012年8月10日 19時35分



株式会社中経出版(東京都千代田区)は、8月10日に大阪市特別顧問・高橋洋一氏の新刊『大阪維新の真相』を発売しました。


《Amazon》 http://www.amazon.co.jp/dp/4806144630
《中経出版》 http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784806144632


◆◆◆ニュースが決して報道しない「26の事実」を
   大阪市特別顧問が明かす!◆◆◆

2012年2月に経済ニュースのウソを暴く『日本経済の真相』(中経出版)が8万部を超えるベストセラーになった高橋洋一氏が、今度は大阪市特別顧問の立場から、今注目のテーマである「大阪維新」のニュースを斬ります。

2012年4月に橋下市長から大阪市特別顧問に任命された高橋氏は、現在、とくに財政関係の助言・サポートを大阪市に対して行なっています。
また、3000人を超える応募が殺到した「維新政治塾」では、講師も担当したため、全国から詰めかけた塾生たちの熱気を肌で感じる機会もありました。

「だからこそ、マスコミを通じて届けられる大阪都構想は、決定的なことを伝え損ね、歪んだ俗論を生んでいるのが気になるんです」と高橋氏は言います。

「大阪都構想の狙いは大阪を変えること」
「地方交付税は地方財政の命綱だ」
「大阪市では生活保護の不正受給が横行」
「大阪維新の会は競争主義を助長する」
「独裁者・橋下徹は総理の椅子を狙っている」

「これらは全部、そうやってつくられた嘘だ」と高橋氏は断言しています。

※記事例(PDF)


◆◆◆大阪維新の真相はもっと別のところにある◆◆◆

大阪都構想にまつわる最大の誤解は、「大阪都構想は大阪の政治問題だ」という認識だというのが本書の主張です。

「この捉え方は二重の意味で間違っています。
まず、大阪都構想は大阪だけでなく、日本全体を変革する可能性を持ったヴィジョンです。
さらに、ここには、財政の枠組みやお金の流れを変えるパワーが隠されているんです」

つまり、「大阪維新」は、日本経済を変える――これが本書が語ろうとする真相です。

また、およそ10年前、官僚として中央省庁にいた高橋氏は、小泉純一郎首相(当時)の下で竹中平蔵氏とともにさまざまな経済政策を実行し、改革を進めてきました。
そして今、橋下市長の間近で彼の政治を見つめています。

「だから霞が関の官僚たちが、彼の改革をどんなに恐れているかも手に取るようにわかりますよ」
と言います。

橋下徹氏の具体的なエピソードなども交えながら、ズバリ核心に迫る洞察が満載の一冊です!



◆◆◆本書の主な構成◆◆◆

【Chapter 1】道州制、金融政策、増税、省庁再編…
 →これが大阪都構想の真相だ!

【Chapter 2】財源、地方交付税、消費税、新たな利権…
 →大阪維新は日本経済をこう変える!

【Chapter 3】生活保護、歳入庁、ベーシック・インカム、ストック課税…
 →大阪維新は日本の格差をこう変える!

【Chapter 4】国政進出、復興、教育、公務員改革…
 →これが維新八策の真相だ!

【Chapter 5】橋下徹、マスコミ、公開主義、総理の椅子…
 →これが大阪維新の会の真相だ!



◆◆◆著者紹介◆◆◆

高橋 洋一(たかはし よういち)

株式会社政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授。
1955年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。
1980年、大蔵省(現・財務省)入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官、内閣参事官(総理補佐官補)などを歴任。2007年に財務省が隠す国民の富「霞が関埋蔵金」を公表し、一躍、脚光を浴びる。2008年、退官。
2012年4月より大阪市特別顧問として橋下徹大阪市長に財政関係の助言をするほか、大阪維新の会が主催する「維新政治塾」で講師を務める。また、国・地方自治体、政党など政策関係者向けの政策コンサルティング、民間企業・非営利団体向けのサポートを行なっている。
著書に『日本経済の真相』(中経出版)、『「借金1000兆円」に騙されるな!』(小学館101新書)、『国民が知らない霞が関の不都合な真実 全省庁暴露読本』(双葉社)など多数。



◆◆◆商品情報◆◆◆

[著者]高橋洋一(たかはし よういち)
[定価]1050円(税込)
[造本]B6変形・並製1色刷・192頁


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング