市場のチャンスを掴む!2017年までの市場予測を公開!日本語版 中国高齢者用品業界 市場調査レポート登場!

PR TIMES / 2013年5月30日 16時29分

― 2013年6月初旬より発売開始―

株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:諸藤周平、東証一部上場、以下「当社」)の連結子会社である捜夢司(北京)諮詢服務有限公司(本社所在地:中華人民共和国、以下「SMS 北京」)は、2013年6月初旬より『中国高齢者用品業界 市場調査レポート2013年版』の販売を開始いたします。



【最新の中国高齢者用品業界のトレンドがこの1冊に集約!】
高齢化の進展に伴い拡大するシルバー市場※と、市場拡大により多様化の色を見せ始めた消費ニーズ。
このような背景のもと、中国のシルバー市場への進出を検討されている企業は、商機を把握し、いち早くシルバー市場へ参入し、市場シェアを獲得する必要があります。
※高齢者を対象とした市場

SMS北京では、日本の高齢者用品企業などが中国のシルバー市場への進出を検討する際に必要となる情報を集めたレポートとして、中国の一部介護用品を含む高齢者用品業界の現状、発展動向や関連産業の発展動向などをまとめた『中国高齢者用品業界市場調査レポート2013年版』を発売いたします。
本レポートは、中国における高齢者用品業界の発展動向を正確に把握し、企業のポジショニングなどを明確にし、市場のチャンスを掴むうえでお役に立つ資料となっています。


【『中国高齢者用品業界 市場調査レポート2013年版』概要】
主に中国高齢者用品業界の現状および関連産業も含めた2017年までの発展動向に関するデータの翻訳、整理、分析を行ったレポートです。
 発行日 :2013年6月初旬
 体裁 :A4/166ページ(予定)
 価格 :138,000円(税込)
 発行 :捜夢司(北京)諮詢服務有限公司
 目次及びサンプルは下記よりダウンロードください。
   URL:http://www.bm-sms.co.jp/pdf/sample_report_2013_ver3.pdf


【株式会社エス・エム・エスについて】
当社は、「高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し社会に貢献し続ける」ことを企業理念に掲げ、介護・医療・アクティブシニア分野に対して、コミュニティサービス、人材紹介サービス等の事業を展開しております。
また、海外におきましては、高齢化の進展が見込まれるアジア諸国において、社会的・文化的背景、医療・介護の政策動向や環境を深く理解したうえで、それぞれの国に適した情報インフラを構築することを目指しており、現在中国、韓国、台湾、マレーシア等に子会社を設立しております。
中国においては、今後の高齢化の進展と経済発展に伴い、当社の企業理念に基づく事業展開が可能であると判断し、2009年9月にSMS北京を設立しております。現在、市場調査やコンサルティング業務等を行っており、この一環として中国の医療介護業界、老人福祉施設業界および高齢者用品業界レポートなどの販売を行っております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング