出版事業に関する事業再編について

PR TIMES / 2014年7月31日 18時22分

阪急電鉄株式会社および阪急電鉄の子会社である株式会社阪急コミュニケーションズは、阪急コミュニケーションズが有する出版事業のうち、宝塚歌劇関連事業およびフリーペーパー事業等を除くすべての事業を、10月1日付で会社分割により新設会社※に承継するとともに、同日付で新設会社株式の全てをカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社へ譲渡することについて、同社と合意いたしました。



リリース(PDF)はこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140731_2537.pdf

あわせて、10月1日付で、阪急コミュニケーションズの宝塚歌劇関連事業を阪急電鉄の子会社である株式会社宝塚クリエイティブアーツに、フリーペーパー事業等を阪急電鉄の子会社である株式会社阪急アドエージェンシーに、それぞれ事業譲渡することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

※新設会社は、10月1日付で阪急コミュニケーションズが全額出資して設立し、同日付で対象となる事業を阪急コミュニケーションズから承継します。(分社型新設分割)


1.再編の理由
阪急コミュニケーションズは、阪急阪神ホールディングスグループのエンタテインメント・コミュニケーション事業領域において、2003年に事業を開始して以来11年にわたり、[1]ニューズウィーク日本版、フィガロジャポン、ペンといったブランド価値の高い雑誌媒体や書籍等のコンテンツ、[2]宝塚歌劇に関連した雑誌等のコンテンツ、[3]生活提案・生活関連情報、エリア情報を提供するフリーペーパー等のコンテンツを柱として、付加価値の高い出版事業を展開し、お客様に多様で魅力的なライフスタイルを提案してまいりました。
今般、カルチュア・コンビニエンス・クラブから、阪急コミュニケーションズが有する出版事業の価値をご評価いただいたうえで事業の譲り受けの申し出があり、協議に応じてまいりましたが、これらの事業が将来にわたり成長を続けていくための方策を検討した結果、[1]の事業についてカルチュア・コンビニエンス・クラブに譲渡する一方で、[2]、[3]の事業については、阪急電鉄ならびに阪急阪神ホールディングスグループの事業と密接に関連していることから、グループ内で更なるシナジーを発揮していくため、それぞれ宝塚クリエイティブアーツと阪急アドエージェンシーに移管することが、今後の事業発展に最適であるとの判断に至りました。
これらにより、阪急電鉄ならびに阪急阪神ホールディングスグループとして、「タカラヅカ」に関する二次コンテンツの充実により、宝塚歌劇関連事業の伸長とブランド価値の一層の向上を図るとともに、沿線の魅力を効果的に発信することを通じて沿線価値の更なる向上を目指してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング